GRIPS 日本語教育指導者育成/日本言語文化研究プログラム

修士課程

カリキュラム

日本語教育指導者養成プログラムのカリキュラムは、区分1:言語領域、区分2:言語教育領域、区分3:社会・文化・地域領域及び区分4:特定課題研究で構成されています。

下表は、2011年度(平成23年度)日本語教育指導者養成プログラム(修士課程)の科目概要です。

 

単位は、1科目2単位(但し、「日本語教授法Ⅰ」は4単位、特定課題研究演習Ⅰは3単位)とし、修了に必要な単位数は33単位です。

 

区分 授業科目
1.言語領域
  (8単位以上)
必修日本語表現法演習
必修日本語学Ⅰ 必修日本語学Ⅱ
必修言語学概論
2.言語教育領域
  (12単位以上)
必修日本語教育概論
必修日本語教授法Ⅰ 選択日本語教授法Ⅱ
必修第二言語習得研究
必修言語教育研究法
必修教師教育論
3.社会・文化・地域領域
  (6単位以上)
必修現代日本の教育と文化 選択異文化コミュニケーション
必修現代日本の社会システム 選択言語教育政策研究
選択日本事情教育研究
4.特定課題研究
  (7単位以上)
必修特定課題研究演習Ⅰ 必修特定課題研究演習Ⅲ*
必修特定課題研究演習Ⅱ 必修特定課題研究論文*

必修必修科目  選択選択科目

* 「特定課題研究演習Ⅲ」又は「特定課題研究論文」いずれか一科目を必ず取らなければならない。

 

集合写真