Policy Modeling Workshop

 以下の予定でポリシー・モデリング・ワークショップを開催いたします。2月に1回程度開催する予定です。奮ってご参加ください。

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

注意: 開催日が週末の場合には事前に守衛室への登録が必要です。(直前でも結構です。)参加予定の方はその旨、直前でも結構ですので、細江
までご連絡ください。また、正門側(北側)の出入り口が締めきりとなっている場合には、建物脇の坂道を下って南側の通用口に回っていただき、守衛室でセキュリティー・バッジをお受け取りください。



2016年度(予定)

第1回

日時: 2016年7月30日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

  • 14:00-15:50

    講演者: 石原章史氏 (政策研究大学院大学)

    題目: T.B.A.

    概要: T.B.A.

  • 16:10-18:00

    講演者: 若森直樹氏 (東京大学)

    題目: The Welfare Consequences of Free Entry in Vertical Relationships: The Case of the MRI Market

    概要: This paper quantifies the welfare consequences of the medical arms race in the context of MRI adoption. Our data suggest that the vertical structure of the industry and the endogeneous product choice are the key determinants to understand the MRI adoption behavior of medical institutions. Thus, the paper builds and estimates a model of the vertical structure of the industry where MRI manufacturers sell high- and low-quality MRIs to hospitals in the upstream market, whereas medical institutions provide medical services to patients in the downstream market. Simulation results suggest that the current free-entry policy in Japan leads to excess MRI adoption, even distorting the composition of high- and low-quality MRIs. Furthermore, softening competition among the MRI manufacturers or regulating medical institutions' MRI adoption would increase social welfare substantially by mitigating the business-stealing effect in the downstream market. These findings shed light on the mechanism behind the social inefficiency of medical arms races.



ポリシー・モデリング・コンファレンス2016@

 ポリシー・モデリング・コンファレンス2016を下記の要領で開催いたします。ふるってご参加下さい。なお、会場・資料等の用意の関係上、ご参加される場合には、できれば事前にメールで細江()までご連絡いただければ幸いです

(暫定開催案内, 2016/6/13)

日付:2016年9月3日(土)
時間:TBA
会場:香川大学 詳細未定
地図:ここをクリック
交通: ########交通案内######

プログラム


開催済み: 2015年度, 2014年度, 2013年度, 2012年度, 2011年度, 2010年度, 2009年度, 2008年度, 2007年度, 2006年度, 2005年度, 2004年度


2015年度

第1回

日時: 2015年5月16日(土)

場所: 政策研究大学院大学 5階 講義室C

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第2回

日時: 2015年6月6日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第3回

日時: 2015年7月11日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4A

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第4回

日時: 2015年10月3日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第5回

日時: 2015年10月31日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第6回

日時: 2016年1月30日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第7回

日時: 2016年2月27日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


2014年度

第1回

日時: 2014年8月2日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4A

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第2回

日時: 2014年9月27日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第3回

日時: 2014年11月8日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第4回

日時: 2014年12月13日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


ポリシー・モデリング・コンファレンス2014

 ポリシー・モデリング・コンファレンス2014を下記の要領で開催いたします。ふるってご参加下さい。なお、会場・資料等の用意の関係上、ご参加される場合には、できれば事前にメールで細江()までご連絡いただければ幸いです

(プログラム最終版, 2014/5/16)

日付:2014年5月31日
時間:10:00-18:15
会場:金沢星陵大学A23教室
地図:ここをクリック
交通: 金沢駅→金沢星稜大学へのバス時刻表

プログラム
第1セッション: 午前の部座長: 西脇雅人
(早稲田大学)
10:00-11:05The Impact of Scoring Auctions in Public Procurement

Abstract:
Scoring auctions are commonly used to award contracts in public procurement because the government is concerned not only with the procurement costs but also with the quality of works. In this paper, we quantify the benefit of scoring auctions over standard (priceonly) auctions. We develop a structural model of a standard auction which allows us to simulate the outcome of a scoring auction without using a data set of scoring auctions. In a unique data set of standard auctions for our analysis, the quality score of work is included in addition to bids and the number of bidders in each auction. The quality score consists of the information on the performance of work in addition to the information on the completion time. Using the structural model, we show that the quality of work improves by more than 10% and the welfare gain for the government is about 5-7% under scoring auctions. Moreover, we provide two sources of the potential benefit of implementing scoring auction to discuss when using scoring auctions is more beneficial: the difference of the marginal costs of the cost functions to improve the quality of works and the uncertainty of the winning bidders' private information included in the cost functions from the government's perspective. We compare large-scale and complex projects with small-scale and simple projects using bridge and painting work as an example for each. We find that scoring auctions are more effective to bridge work compared with painting work.

報告者:鶴岡昌徳
(東京大学)
討論者:北原稔
(大阪市立大学)
11:05-11:10休憩
11:10-12:15What Prevents Inter-industry Labor Reallocation?

Abstract:
Finding an efficient way for labor reallocation is important in the context of macroeconomic policies, especially under a shrinking working-age population. At the same time, however, it is widely known that an inter-industry job change is often associated with a substantial reduction in earnings. This paper investigates the factors preventing inter-industry labor reallocation by estimating the determinants of inter-industry worker flow and earnings regression after a job change. We find that the difference in required skills is an important reason for reduction in earnings after an inter-industry job change, and thus, it is a major obstacle for inter-industry mobility. On the other hand, industry performance does not affect labor inflow significantly, implying the lack of spontaneous labor reallocation from less productive to more productive sectors.

報告者:近藤絢子
(横浜国立大学)
討論者:村田安寧
(日本大学)
12:15-13:30昼食
第2セッション: 午後の部 I座長: 中島賢太郎
(東北大学)
13:30-14:35Agglomeration, Segmentation and Technology Choice

Abstract:
This paper presents a simple two country model in which firms in manufacturing sector choose a technology level (high or low). I show how trade integration and productivity differential affect technology choice clearly. In particular, if the gap of productivity of high technology is medium, firms locating in country employ high technology and other firms in developing country do low technology. In this case, increasing productivity of high technology makes the welfare level of a consumer in low technology country decrease.

報告者:澤田有希子
(大阪大学)
討論者:清田耕造
(慶應義塾大学)
14:35-14:40休憩
14:40-15:45

Semiparametric Estimation of Time, Age and Cohort Effects in a Hedonic Model of Housing Prices

Abstract:
本研究はヘドニック住宅価格指数を計測における,時間効果,年齢効果および世代効果の識別を一般化加法モデルによって行う。線形回帰モデルにおける時間効果,年齢効果および世代効果の間には完全な線形関係が生じる。一般に,取引時点に関する時間ダミー変数のほかに,建築後年数または竣工年次を表す変数のどちらかを利用するケースは既存研究で十分にあるが,両方を同時に扱ったものや,なんらかの非線形性を仮定して,識別問題そのものに取り組んだ研究はほとんどない。竣工年次は住宅の残存資本価値を測るための情報を持つと同時に,竣工時点における経済状況をも代理していると考えられる。また,竣工年次の古い物件の多くは,取り壊され,新築の住宅として生まれ変わる。しかし,一部の住宅は修繕やメンテナンスが十分に行われることによって,住宅市場において生き残っている可能性がある。つまり,データとして観察される竣工年次の古い物件ほど,年齢効果をコントロールしたとしても高い価格で取引されている可能性がある。これが世代効果として残る理由として考えられる。修繕やメンテナンスに関する詳細な情報が利用できない場合,このことは分析者にとって致命的であり,本研究の手法はデータの悪条件を克服する上で役に立つことが示される。

報告者:唐渡広志
(富山大学)
討論者:楡井誠
(一橋大学)
15:45-16:00休憩
第3セッション: 午後の部 II座長: 奴田原健悟
(専修大学)
16:00-17:05Firing Cost, R&D, and Industry Dynamics

Abstract:
In this research, we construct a dynamic oligopoly model with firing cost and R&D. Numerical results show that firing costs polarize the quality distribution, and increase mean quality and productivity level though it reduce the economic welfare.

報告者:村尾徹士
(九州大学)
討論者:堀井亮
(東北大学)
17:05-17:10休憩
17:10-18:15Asset Bubbles, Endogenous Growth, and Financial Frictions

Abstract:
This paper analyzes the existence and the effects of bubbles in an endogenous growth model with financial frictions and heterogeneous investments. Bubbles are likely to emerge when the degree of pledgeability is in the middle range. This implies that improving the financial market might enhance the possibility of bubbles. We also find that when the degree of pledgeability is relatively low, bubbles boost long-run growth. When it is relatively high, bubbles lower growth. Moreover, we examine the effects of bubbles bursting, and show that the effects depend on the degree of pledgeability, i.e., the quality of the financial system. Furthermore, we conduct a full welfare analysis of asset bubbles.

報告者:平野智裕
(東京大学)
討論者:山本和博
(大阪大学)
TBA-懇親会: TBA

注: それぞれ報告40分,予定討論10分,一般討論15分を予定しています.


2013年度

第1回

日時: 2013年6月1日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4A

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第2回

日時: 2013年7月20日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第3回

日時: 2013年10月5日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4A

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第4回

日時: 2013年11月9日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第5回

日時: 2013年12月7日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4F

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第6回

日時: 2014年2月1日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf



2012年度

第1回

日時: 2012年5月19日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第2回

日時: 2012年6月16日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第3回

日時: 2012年8月4日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第4回

日時: 2012年10月27日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第5回

日時: 2012年11月10日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4A

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


ポリシー・モデリング・コンファレンス2012

 ポリシー・モデリング・コンファレンス2012を下記の要領で開催いたします。ふるってご参加下さい。なお、会場・資料等の用意の関係上、ご参加される場合には、できれば事前にメールで細江()までご連絡いただければ幸いです

(プログラム確定, 2012/11/10)

日付:2012年12月15日
時間:10:00-18:15
会場:徳島大学 総合科学部(常三島キャンパス)1号館3F 第一会議室
地図:ここをクリック
交通:
徳島空港から: 空港リムジンバス→「徳島大学前」
関西方面から: 高速バス→
(1)「徳島大学前」(一部のバスのみ停車)、または、
(2)「徳島駅」下車。市営バス(中央循環[左回り](徳島駅5番のりば)時刻表)→「助任橋・徳島大学前」

プログラム
第1セッション: 午前の部座長: 安藤至大
(日本大学)
10:00-11:05Globalization and optimal employment protection policy

Abstract:
This study analyses the effect of capital market integration on labor market policies. To do so, this paper bulids a tax competition model with imperfect labor market. There are two types households, type 1 and 2, who are risk-averse. While each types households is endowed with one unit of worker, a type 2 households owns a lager capital stock than a type 1 households. The government can choose following policies, unemployment benefits, layoff, payroll, and capital subsidies or taxes. When capital market is integrated, households can invest their capital stock to capital markets in foreign countries. Integration of capital markets leads inefficient policies under which labor productivity is high, however, income inequality within a country and frequency of job destruction are also high. As a result, the social welfare of each countries in integrated capital markets is lower than the welfare in non-integrated capital markets.

報告者:川田恵介
(広島大学)
討論者:内藤巧
(早稲田大学)
11:05-11:10休憩
11:10-12:15Illusive improvement: gender wage gap and sample selection in Japan

Abstract:
This paper examined sample-selection-corrected changes in log wage gap between male and female from 1992 to 2002 in Japan. The observed log wage gap decreases by 0.13 log points, but the heterogeneous changes in female employment rates across education groups imply an influence of sample selection. I used Heckman's two-step estimation method to micro data from Employment Status Survey, and found that the selection-corrected decrease in male-female log wage gap was 0.09 log points. Further, I used Machado-Mata decompositions with sample selection adjustment, and found that selection has become severe especially at the lower deciles of the wage distribution. The sever selection rule and the decreasing employment rates for female junior-high school graduates imply that the women with low-earning ability have left the labor market compared with those in 1992. Decomposition of changes in the wage gaps corrected for sample selection suggested the contribution of higher education and longer job experience among females to the gender wage gap reduction.

報告者:小野塚祐紀
(一橋大学)
討論者:佐々木彈
(東京大学)
12:15-13:30昼食
第2セッション: 午後の部 I座長: 明城聡
(神戸大学)
13:30-14:35Do households misperceive benefits from energy saving behaviors?: evidence from the Japanese household survey

Abstract:
Promoting households to practice energy saving behaviors such as “turn TV off when unnecessary” is regarded as a significant measure against global warming. Only if households misperceive (imperfectly recognize) what extent the behaviors generate benefits, the promotions can work as the measures. That is, for the promotions, it is necessary that there is a gap between perceived and actual benefits from the behaviors. However, there are few studies examining the relationship between them in Japan. To examining the relationship, we conducted the household survey in Soka City in Japan and received 714 answers. As a result of our econometric analysis, we find that households on average overestimate their monetary benefit from the behaviors relative to actual ones. It is also revealed that single young male is likely to underestimate. We conclude that the promotions such as informing households of correct benefit are not always effective measures to reduce greenhouse gas emissions. Conversely, the promotions may discourage households to practice the behaviors. Policymakers should reconsider their promotions.

報告者:岩田和之
(高崎経済大学)
討論者:芦谷政浩
(神戸大学)
14:35-14:40休憩
14:40-15:45

地方自治体の住宅用太陽光発電補助金の経済評価

Abstract:
本論文は、市町村による住宅用太陽光発電導入補助金の効果を分析したものである。本研究では特に、消 費者需要に対する政策による補助金の弾力性と価格弾力性に差を許容するモデルを利用することで、消費者 に対する補助金という形で行われた政策の効果を評価している。1997 年から2005 年までの市町村レベル の太陽光発電導入データを用い、価格などの変数に加え、各市町村の地域性も統制して回帰分析を行った。 その結果、補助金の弾力性と価格弾力性には有意な差が見られ、さらに補助金の弾力性のほうが価格弾力性 よりも高かったことから、消費者に対して補助金を与える政策は、企業に対して単に価格を同水準引き下げ ることを可能とする政策よりも効果があった可能性が示唆された。また、補助金の弾力性は時間を経るにつ れて減少しており、そのことは政策による消費者に対する追加的な効果は、政策導入初期には高いものの、 次第に減衰し、価格弾力性と有意な差がなくなっている可能性を示唆している。

報告者:花田真一
(東京大学)
討論者:藤原徹
(明海大学)
15:45-16:00休憩
第3セッション: 午後の部 II座長: 岩田真一郎
(富山大学)
16:00-17:05Spatial competition in a city: Hotelling revisited in an Alonso-Mills-Muth city

Abstract:
The purpose of this paper is to show that a strategic interaction between firms is one of the key factors that determine the spatial structure of a city. In this regard, we expand the Hotelling model of a linear city with two retail firms to incorporate some aspects of an urban spatial structure, which are characteristic of the Alonso-Mills-Muth model. We show that in an equilibrium, the two firms are either agglomerated at a city center or dispersed at two outermost feasible locations. The outcome that arises depends on the values of parameters, especially on the relative size of commuting costs to the city center and shopping costs to a retail firm.

報告者:高橋孝明
(東京大学)
討論者:高塚創
(香川大学)
17:05-17:10休憩
17:10-18:15Optimal circumferential highway in a monocentric city

Abstract:
This paper investigates the optimal location and capacity of circumferential highway in a two dimensional monocentric closed city model. Households are identical in their choices and endowments. They have three choices of mode to reach CBD. The dense city streets are direct but expensive and slow. The radial highways are faster but need to rely heavily on city streets to reach them. The circumferential highway(s) provides quicker travel to avail radial highways and thus reduces total travel cost. However, depending on the location and capacity of such highway(s), the city is divided by three distinct market areas which ultimately determine the size and shape of the city. Households are utility maximizer taking prices and characteristics of highway network as given. The social planner optimizes global equilibrium utility by adjusting the characteristics of highway network (e.g. location and capacity of the circumferential highway). In our analysis, we do not consider congestion and we assume that the wage and the agricultural land rent are exogenous. We find that the general optimality condition of the transportation network improvement is such that the marginal cost of improvement is equal to the marginal increase in the aggregated dierential land rent. Furthermore, we illustrate a numerical solution of optimal highway network with a circumferential highway using Leontief Utility function. We find that for a city with a larger number of radial highways, the optimal location of the circumferential highway is further out closer to the city boundary.

報告者:吉田雄一朗
(政策研究大学院大学)
討論者:山鹿久木
(関西学院大学)

第6回

日時: 2013年2月16日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf




2011年度

第1回

日時: 2011年7月9日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第2回

日時: 2011年9月10日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第3回

日時: 2011年10月15日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第4回

日時: 2011年11月12日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4A

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第5回

日時: 2012年1月7日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第6回

日時: 2012年2月18日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf



2010年度

第1回

日時: 2010年7月3日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第2回

日時: 2010年9月11日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第3回

日時: 2010年10月30日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4A

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第4回

日時: 2010年11月27日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第5回

日時: 2011年1月29日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf




ポリシー・モデリング・コンファレンス2010

 ポリシー・モデリング・コンファレンス2010を下記の要領で開催いたします。ふるってご参加下さい。なお、会場・資料等の用意の関係上、ご参加される場合には、できれば事前にメールで細江()までご連絡いただければ幸いです

 コンファレンス開始時間、終了時間の設定は、JR新潟大学前駅到着9:42出発18:33を想定しております。ダイヤ改正により多少変動する可能性がありますので事前にご確認下さい。

日付:5月15日
時間:10:15-17:45
会場:新潟大学 経済学部人文社会科学系棟 B棟3階 B331教室
地図:ここをクリック

プログラム
第1セッション: 午前の部座長: 赤井伸郎
(大阪大学)
10:15-11:15Competition in unit vs. ad valorem taxes revisited: when ad valorem tax competition prevails (revised on May 6)

Abstract:
The studies on capital tax competition have assumed that the governments compete for mobile capital in unit tax, and this assumption is justified by Lockwood (2004) which proves that unit tax competition is always welfare superior to ad valorem tax competition among symmetric countries. This paper presents the reexamination of governments' choice on tax method in the framework of asymmetric tax competition. The result shows that capital importing countries compete by way of ad valorem tax while the capital exporting countries endogenously choose unit tax as a policy instrument; The asymmetric countries do not compete in the same tax instrument, as assumed in the literature.

報告者:小川光
(名古屋大学)
討論者:猪原龍介
(青森公立大学)
11:15-11:20休憩
11:20-12:20Inequality, mobility and redistributive politics

Abstract:
This paper develops a model where income inequality and intergenerational mobility are jointly determined via redistributive politics. The model includes two key factors: accessibility of tertiary education for poor-born agents and multiple selffulfilling expectations of agents. Given these factors, the model provides predictions of cross-country differences in inequality and mobility consistent with empirical observations.

報告者:荒渡良
(信州大学)
討論者:別所俊一郎
(一橋大学)
12:20-13:20昼食
第2セッション: 午後の部 I座長: 佐々木彈
(東京大学)
13:20-14:20Learning, overconfidence and underconfidence in search

Abstract:
This paper is an examination of the influence of individuals' learning about their own type in search on the marriage market. Agents before learning their own types may accept/reject the opposite sexes they reject/accept when they know their own type certainly. We consider a model in which there are three types of men and women according to marital type (high, middle, and low), and there exist women with incomplete information about their own type. Then, the women with the uncertainty about own types learn about their own type from the offers/rejections by men. The results obtained are as follows: the rejections of the women with the uncertainty about own type for the men whom those women accept when they know their own type certainly change the marital behaviors of lower type singles. As a result, the lowest type men cannot marry. On the other hand, the acceptances of the women for the men whom those women reject when they know their own type certainly affect only those men but do not influence on the lower type singles by women's predictions of their learning process. Even if sex is reversed, these results are confirmed.

報告者:丸山亜希子
(政策研究大学院大学)
討論者:川口大司
(一橋大学)
14:20-14:25休憩
14:25-15:25

The backward-bending commute times of married women with household responsibility

Abstract:
The existing literature has shown that married women tend to choose short commutes because of relatively low wages combined with relatively heavy household responsibilities. The theoretical section of this paper, however, proposes that married women employed in highly paid positions also undertake short commutes, while middle-class married women choose long commutes. These results suggest that the commute times of married women display a backward-bending pattern. Using a sample of full-time employed married women in Japan, the empirical section of this paper also appears to support this finding. Moreover, the results suggest that highly paid married women can still secure greater leisure time with short commutes, despite retaining a heavy load of domestic responsibilities.

報告者:岩田真一郎
(富山大学)
討論者:中嶋亮
(横浜国立大学)
15:25-15:40休憩
第3セッション: 午後の部 II座長: 高橋孝明
(東京大学)
15:40-16:40Assessing the Consequences of a Horizontal Merger and its Remedies in a Dynamic Environment (報告内容変更)

Abstract:

報告者:大橋弘
(東京大学)
討論者:芦谷政浩
(神戸大学)
16:40-16:45休憩
16:45-17:45Intra-National Regional Heterogeneity in International Trade

Abstract:
We present a two-country model, specifically with two regions in home country. Each region consists of two types of labor; skilled labor is required to set up a firm, and unskilled labor is used as marginal input for production. Trade cost accrues both intra-nationally and internationally. International trade costs are assumed to be different across regions. Our model produces a region-based gravity model and generates heterogeneity among regional exports in terms of responses with respect to economic size. We also find a home market effect at the regional level. Moreover, we are able to show the relative magnitude of the home market effect among home regions, in terms of a change in the export share. We empirically test our theoretical propositions with an application to the export dataset of Japanese regions. Our empirical results provide strong evidence in support of both a region-based home-market effect and a relative home-market effect.

報告者:吉田裕司
(九州産業大学)
討論者:瀧井克也
(大阪大学)


2009年度

第1回

日時: 2009年4月18日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第2回

日時: 2009年5月23日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第3回

日時: 2009年6月27日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第4回

日時: 2009年7月11日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第5回

日時: 2009年9月7日(月)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第6回

日時: 2009年9月26日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第7回

日時: 2009年11月28日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf



2008年度

第1回

日時: 2008年5月17日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第2回

日時: 2008年6月21日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第3回

日時: 2008年7月22日(火)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第4回

日時: 2008年8月27日(水)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第5回

日時: 2008年9月27日(土)

場所: 政策研究大学院大学4 階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第6回

日時: 2008年11月1日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第7回

日時: 2008年11月29日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf



第8回

日時: 2008年12月13日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第9回

日時: 2009年1月24日(土)

場所: 政策研究大学院大学 4階 会議室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf



2007年度

第1回

日時: 2007年5月12日(土曜日)

場所: 政策研究大学院大学 5階 講義室H

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第2回

日時: 2007年6月23日(土曜日)

場所: 政策研究大学院大学 4階 研究会室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第3回

日時: 2007年7月21日(土曜日)

場所: 政策研究大学院大学 4階 研究会室4B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第4回

日時: 2007年9月4日(火曜日)

場所: 政策研究大学院大学 4階 研究会室B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第5回 (2007年度最終回)

日時: 2007年10月27日(土曜日)

場所: 政策研究大学院大学 4階 研究会室B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

ポリシー・モデリング・コンファレンス 2007

日時: 2007年12月15日(土曜日) 10:00-17:50

場所: 西南学院大学 (2号館7階中会議室)

会場地図:

プログラム

午前の部 10:00-12:00  座長:田中隆一(東京工業大学)

午後の部I 13:30-15:30  座長:金子昭彦(東京工業大学)

午後の部II 15:50-17:50  座長:中林真幸(大阪大学)




2006年度

開催済み

ポリシー・モデリング・コンファレンス2006

日時: 2006年5月20日(土曜日) 10:00-17:50

場所: 富山大学 経済学部 大会議室

地図: http://www.toyama-u.ac.jp/jp/Outline/access/

午前の部 10:00〜12:00  座長: 椋寛 (学習院大学 経済学部)

報告者: 須賀宣仁 (北海道大学 経済学部)

題目: A Monopolistic Competition Model of International Trade with External Economies of Scale

討論者: 村田安寧 (日本大学大学院 総合科学研究科)

報告者: 広瀬恭子 (九州産業大学 経済学部)

題目: Migration and agglomeration with knowledge spillovers

討論者: 金子昭彦 (東京工業大学大学院 社会理工学研究科)

午後の部T 13:30〜15:30  座長: 内藤 巧 (東京工業大学大学院 社会理工学研究科)

報告者: 堀井 亮 (大阪大学大学院 経済学研究科)

題目: Natural Disasters in a Two-Sector Model of Endogenous Growth (with Masako Ikefuji)

討論者: 宝多康弘 (南山大学 総合政策学部)

報告者: 佐藤泰裕 (名古屋大学大学院 環境学研究科)

題目: Tax Competition and Public Input Provision with Imperfect Labor Market (with Hikaru Ogawa and Toshiki Tamai)

討論者: 清水大昌 (学習院大学 経済学部)

午後の部U 15:50〜17:50  座長: 芦谷政浩 (神戸大学大学院 経済学研究科)

報告者: 松島法明 (神戸大学大学院 経営学研究科)

題目: Profit-enhancing know-how disclosure: A strategic view (with Susumu Ogawa)

討論者: 吾郷貴紀 (高崎経済大学 地域政策学部)

報告者: 中泉拓也 (関東学院大学 経済学部)

題目: 「環境負荷の小さい物流体系の構築を目指す実証実験」におけるオークション制度の分析

討論者: 石橋郁雄 (青山学院大学 経済学部)

* 報告40分、予定討論10分、リプライおよびフロアからの討論10分とします。


第1回 (2006年度分・開催済み)

日時: 2006年7月15日(土曜日) 14:00-18:00

場所: 政策研究大学院大学 1階 1B会議室

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第2回

日時: 2006年8月9日(水曜日) 14:00-18:00

場所: 政策研究大学院大学 1階 1B会議室

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第3回

日時: 2006年9月9日(土曜日) 14:00-18:00

場所: 政策研究大学院大学 1階 1B会議室

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第4回

日時: 2006年11月18日(土曜日) 14:00-18:00

場所: 政策研究大学院大学 1階 会議室1A

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第5回

日時: 2006年12月2日 (土曜日) 14:00-18:00

場所: 政策研究大学院大学 1階 会議室1B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第6回 (2006年度最終回)

日時: 2007年2月3日 (土曜日) 14:00-18:00

場所: 政策研究大学院大学 1階 会議室1B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


2005年度

第1回

日時: 2005年6月18日(土曜日) 14:00-18:00

場所: 政策研究大学院大学 5階 教室H

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第2回

日時: 2005年7月9日(土曜日) 14:00-18:00

場所 政策研究大学院大学 5階 教室H

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第3回

日時: 2005年8月3日(水曜日) 14:00-18:00

場所: 政策研究大学院大学 3階 会議室3A

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第4回

日時: 2005年9月7日(水曜日) 14:00-18:00

場所: 政策研究大学院大学 3階 会議室3A

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第5回

日時: 2005年11月19日(土曜日) 14:00-18:00

場所: 政策研究大学院大学 1階 会議室B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第6回

日時: 2005年12月3日(土曜日) 14:00-18:00

場所: 政策研究大学院大学 1階 会議室B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第7回

日時: 2006年1月14日(土曜日) 14:00-18:00

場所: 政策研究大学院大学 1階 会議室B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf


第8回

日時: 2006年3月3日 (金曜日) 14:00-18:00

場所: 政策研究大学院大学 1階 会議室B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

問い合わせ先

〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1

政策研究大学院大学 助教授

*岡本亮介

e-mail: rokamoto@grips.ac.jp

*細江宣裕

政策研究大学院大学 助教授

e-mail:

Tel: 03-6439-6129(細江研究室), -6128(岡本研究室), -6000(大学代表)

Fax: 03-6439-6010


第1回(2004年度分・開催済み)

日時 2004年11月27日(土) 14:00-18:00

場所 政策研究大学院大学 3階 教室E

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第2回

日時 2005年1月8日(土) 14:00-18:00

場所 政策研究大学院大学 3F 教室E

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第3回

日時: 2005年2月19日(土)

場所: 政策研究大学院大学

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf

第4回

日時: 2005年3月12日(土)

場所: 政策研究大学院大学 会議室B

地図: http://www.grips.ac.jp/jp/docs/map.pdf



トップにもどる