GHIPPGlobal Health Innovation Policy Program

Language :

ヘルスセキュリティーダイアログ

Global Health Innovation Policy Program

新型コロナウイルスなど多くの国が直面する課題、つまり医療の安全性と経済活動の持続性をうまく組み合わせ、経済、危機管理、医療環境、社会政策上の目的を効果的に統合した、包括的でかつ一貫した政策が求められています。政策議論の土台となる国内外の新型コロナに関する視点を提供し、及び議論の深化を進め、国際保健政策の革新的な方向性を模索し、内外の専門家・識者の国際的連携を促進するため、新型コロナウイルス感染症に関わる政策についてのプラットフォームとして、GHIPPではオンライン会議シリーズを企画運営いたします。

政治経済、国際関係論、そして医療政策の専門的知識のみならず、内外の幅広い人的ネットワークをもつGHIPPは、諸外国の新型コロナウイルス感染症への対策や政策をいち早く理解し、議論する知のプラットフォームを提供することにより、国境を越えた協働体制の構築に大きく貢献することを目的としています。本プログラムは英語開催(通訳なし)となっております。

第十二回ダイアログ

COVID-19 and Beyond: The East Asian COVID-19 Paradox

  • スピーカー:Yves Tiberghien氏(Professor, Department of Political Science, The University of British Columbia )
    コメンテーター:黒川清名誉教授(GHIPP)
    司会:村上博美客員研究員(GHIPP)

  • 日時:2021年9月29日 11:00~正午(日本時間)(JST)

Yves Tiberghien (Ph.D. Stanford University, 2002; Harvard Academy Scholar 2006; Fulbright Scholar 1996) is a Professor of Political Science and Konwakai Chair in Japanese Research at the University of British Columbia (UBC) in Vancouver, Canada. He is also Director Emeritus of the Institute of Asian Research, and Director of the Center for Japanese Research. Yves is Distinguished Fellow at the Asia-Pacific Foundation of Canada and a Senior Fellow at the University of Alberta’s China Institute. He is an International Steering Committee Member at Pacific Trade and Development Conference (PAFTAD). In November 2017, he was made a Chevalier de l’ordre national du mérite by the French President. He is a visiting Professor at Tokyo University’ Graduate School of Public Policy. He recently published The East Asian Covid-19 Paradox. August 2021. Elements in Politics and Society in East Asia, Cambridge: Cambridge University Press DOI: https://doi.org/10.1017/9781108973533