ごあいさつ

少子・高齢化等に伴う国内のライフスタイルの変化や世界の食市場の拡大などが進む中、農林水産物や農山漁村の暮らしに付加価値をつけ、地域独自の魅力を創造していくことは、これからの地域活性化に無くてはならないアプローチです。

このようなアプローチで地域を活性化するためには、現場に根差したユニークな政策を企画・立案し、これを農林漁業者や食品事業者などの民間のパートナーと協働して着実に実践することが必要となっています。

このため、政策研究大学院大学(GRIPS)では、農業を核とする地域経済活性化のための政策(「農業政策」)に関する専門的知識・技術に加え、政策構想力と行政運営能力を有する人材の養成を図るプログラムを提供します。
1年間で修士号(政策研究修士)を取得していただく「農業政策コース」、夏季の短期間に学んでいただく「農業政策短期特別研修」へのご参加をお待ちしております。

News/ ニュース・新着情報

2019.5.22
2019年度の農業政策短期特別研修 時間割、講師紹介を更新しました。
2019.1.25
2019年度農業政策短期特別研修 募集要項を更新しました。
2018.6.13
平成30年度の農業政策短期特別研修 時間割、講師紹介を更新しました。
2017.11.14
平成30年度の農業政策コースの募集要項を更新しました。
2016.10.18
修了生の声を追加しました。
2016.4.28
平成28年度の農業政策短期特別研修 時間割、講師紹介を更新しました。
2015.3.27
平成27年度の農業政策短期特別研修 時間割、講師紹介を更新しました。
2014.10.30
「食品産業新聞」2014年10月30日号に農業政策コースの学生が紹介されました。
2013.6.7
「月刊ガバナンス」5月号で紹介されました。

Contact/ お問い合わせ先

ご不明な点等ございましたら下記宛にお気軽にお問い合わせください。

政策研究大学院大学 農業政策コース

[担当教授]大口篤志   [事務局職員]橋本亜伊子

[Eメール]nougyou-seisaku@grips.ac.jp  [電話]03-6439-6290 (直通)  [FAX]03-6439-6040

Copyright © 2007-2019 National Graduate Institute for Policy Studies