農林水産省大臣官房技術総括審議官
兼技術会議事務局長

別所 智博

べっしょ ともひろ

メッセージ

私たちの大切な食料を将来にわたり安定的に確保するために、我が国農業の成長産業化が重要かつ喫緊の課題となっています。その課題解決の鍵となるのが、AI、IoT、ロボティクス等の先端技術と農業技術の融合によって生産性の飛躍的向上や人手不足への対応を図ろうとする「スマート農業」です。  農業技術イノベーションが切り拓く新たな農業の姿、その可能性についてご説明します。私たちの命を支える農業の未来について、テクノロジーという切り口から一緒に考えて見ましょう。

略歴・専門分野

1958年生まれ 北海道出身
昭和56年北海道大学農学部卒業、農林水産省入省。
豪州クイーンズランド大学農学修士課程、新潟県地域農政推進課長、生産局農業環境対策課長、農業生産支援課長、消費・安全局担当審議官、技術総括審議官、農林水産政策研究所長等を経て、平成29年7月より現職。