地域再生診療所代表執行役

井上 弘司

いのうえ ひろし

メッセージ

各地の課題は様々で業務も多岐に渡ります。しかし総じて言えることは目先の事象に捉えられ行政も住民も将来ビジョンを語り合っていないことです。地域は、そこに住み暮らす住民を中心に、公的・私的に地域へ関わるもので構成されている。つまり多様な主体が互いを尊重しつつ連携してこそ地域です。

その地域の農業農村振興、コミュニティや地域再生の先頭に立つのはグリーン・ツーリズムです。しかし決定的に「地域プロデューサー」不足しています。行政職員がそのプロデューサー役として、どう企画実践していくかの講義をします。

専門分野

1952年長野県飯田市上郷(旧上郷町)生まれ。飯田市産業経済部エコツーリズム推進室長、産業経済部企画幹、企画部企画幹を経て2008.3月 退職後、CRC合同会社(地域再生診療所)開設。NPO法人しんきん南信州地域研究所主席研究員

観光カリスマ百選(内閣府/国土交通省)、地域活性化伝道師(内閣府、地域力創造アドバイザー(総務省)、地域再生マネージャー(ふるさと財団)、都市農山漁村交流活性化機構評議員、長野県観光振興審議会委員

著書:「ドングリの森小学校物語」(講談社)、「食農教育で農都両棲の地域づくり」(農文協) 共著:三澤勝衛著作集4「暮らしと景観」(農文協)、「観光文化と地元学」(古今書院) 論文:風土学から考察する「祭」と「地域づくり」(国際文化政策教育学会)   風土学をベースに-教育・産業からの地域づくりに関する一考察 (同志社大政策学会) 専門分野:グリーン・ツーリズム、ニューツーリズム、観光まちづくり、地域再生の手法や地域づくり・人づくり(農村活性化、マネジメント)、地域資源開発(6次産業化支援)