農林水産省生産局総務課生産推進室長

郡 健次

こおり けんじ

メッセージ

南北に長い日本では、かつてから、各地の気候、土地条件を活かして、広い農地で大規模な機械化農業を行ったり、高齢者が多い中山間地域でありながら地域資源を活用して高い収益を上げたりと、それぞれの地域が持っている「強み」を活かした産地づくりが展開されてきました。一方、農業や関連産業での人手不足が深刻化し、国民の食生活の姿が大きく変化していく中で地域が見出していくべき戦略とはどのようなものなのか、時代に応じた工夫が求められています。これらについて、皆様と一緒に考える機会がいただければと思います。

略歴・専門分野

1967年京都府生まれ。1992年岡山大学大学院修士課程修了。同年農林水産省入省。現在、生産局総務課生産推進室長。これまで農林水産省の生産局、大臣官房等における勤務のほか、山口県(1994~1996)、文部科学省(2000~2002年)、外務省在ロシア日本国大使館参事官(2014~2017年)を経験。