農林水産省農村振興局農村政策部
都市農村交流課都市農業室長

難波 良多

なんば りょうた

メッセージ

今、都市農業が転換期を迎えています。都市の農地は、宅地化すべきものではなく、きちんと保全し活用することが重要と考えられるようになっています。最近では、農家出身でない若者が都市農業にどんどんチャレンジしています。 そうした都市近郊の野菜を売りにした外食店も見られるようになりました。また、スポーツクラブに通う感覚で気軽に利用できる体験農園も増えています。 都市農業の現状を知っていただくことが、日本の農業の未来を切り開くヒントになるかもしれません。

略歴・専門分野

1979年生まれ。岡山県岡山市出身。
2002年農林水産省入省。水産庁、農村振興局、内閣府食品安全委員会事務局、生産局、食料産業局等で勤務。
2019年4月から現職。
これまで、長野県松川町、秋田県に出向経験あり。