農林水産事務次官

末松 広行

すえまつ ひろゆき

メッセージ

日本全体で経済や社会の構造が大きく変化する中で、農業分野においても潮流の変化が起きようとしています。長年の課題であった担い手不足・農業総産出額の減少等においても、若手新規就農者が4年連続で2万人を超え、農業総産出額も3年連続で増加し、農林水産物・食品の輸出も目標の1兆円に向け伸びています。 こうした動きを継続・拡大していくためには、本研修を通じて、現場でも求められている政策構想力と行政運営力を持ち、地域の大切なものをしっかりと守りながらも、新たな分野にチャレンジする意欲に溢れた地域農政の「担い手」となり、ともに日本農業を明るく楽しく盛り立てていきましょう。

略歴・専門分野

1959年生まれ。1983年東京大学法学部卒、農林水産省入省。林野庁林政部長、関東農政局長、農村振興局長、経済産業省産業技術環境局長を経て、2018年から現職。