比較議会情報プロジェクト

English
  • トップページ
  • プロジェクトの目的
  • 研究方法
  • 活動実績
国会審議映像検索システムの活用法:国会審議で議員が使うパネルの抽出

国会における質疑では、発言者がテレビカメラを意識してパネルを使うことが良くある。しかし、そうしたパネルは国会の会議録には残らず、「これによると」といった発言の「これ」が何を指すのかわからないことが多い。国会審議映像検索システムでは、発言の瞬間に対応した審議映像の部分再生を可能にしており、その活用法として、パネルやボード、フリップといったキーワード検索により、国会審議で用いられたパネルを審議映像において確認することができる。ここでは、その一例として、とくに(パネルを示す)という動作記述が会議録にあることを利用して、それによるキーワード検索から審議映像を部分的に十数秒再生することによって抽出した画像を整理している。また、衆参両院事務局の配信する審議映像について、国会審議映像検索システム を通じて特定されるURL(画像下部)から審議映像に遡り、パネルを使った質疑の前後の会議録を確認したり、審議映像を部分再生することができる。


抽出方法
下記に抽出したパネルを含む画像は次のような条件で抽出している。
検索サイト: 国会審議映像検索システム( http://gclip1.grips.ac.jp/video/
回次: 第174回~第190回
検索ワード: (パネルを示す)
検索結果: 34件
※検索結果のうち、パネルが映らなかったものやパネルがフォーカスされなかったもの4件は下記画像一覧からは除外している。


画像をクリックすると大きな画像が表示されます (大きな画像をクリックすると審議映像が再生されます)

写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真


写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真


写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真


写真 写真 写真 写真 写真 写真