活動実績

English
  • トップページ
  • プロジェクトの目的
  • 研究方法
  • 活動実績

比較議会プロジェクトメンバー

Mikitaka Masuyama "Heat of Discussion: A New Approach to Understanding Parliamentary Discussion"
2018. GRIPS Discussion Paper 18-08.


増山幹高「国会審議映像検索システムとその実験的応用の試み」
GRIPS Discussion Paper 18-07,2018年.


Mikitaka Masuyama ”Reading and Viewing Parliamentary Debates : The Case of the Japanese Diet”
iPoster prepared for the 2018 Annual Meeting of the American Political Science Association, Boston, August 30 - September 2, 2018


Mikitaka Masuyama "Heat of Discussion: A New Approach to Understanding Parliamentary Discussion"
Prepared for delivery at the 25th IPSA World Congress of Political Science, Brisbane,Australia, July 21 - 26, 2018.


増山幹高「国会会議録を読むことと審議映像を見ることの違い:国会審議映像検索システムとその実験的応用の可能性」
2018年度日本選挙学会ポスター,2018年5月12-13日


増山幹高「国会審議映像検索システムとそのSNS的活用の可能性:ニュースと審議映像のTweet」
GRIPS Discussion Paper 17-12,2017年.


増山幹高「国会審議映像検索システムとその実験的応用の可能性」
GRIPS Discussion Paper 17-11,2017年.


「国会審議映像検索システムの活用法:国会審議で議員が使うパネルの抽出/使用したパネルのサムネイル表示 」をアップロードしました.
詳しくはこちら


「国会審議映像検索システムの活用法:ニュースと審議映像のTweet」をアップロードしました.
詳しくはこちら


Mikitaka Masuyama "Linking Parliamentary Minutes and Videos in the Japanese Diet."
2016. GRIPS Discussion Paper 16-22.


増山幹高「国会審議映像検索システムとそのニュース動画への応用・検証」
GRIPS Discussion Paper 16-23,2016年.


Mikitaka Masuyama "Reducing the Space and Time between Citizens and Parliament: Video Retrieval System for Diet Deliberations" Prepared for delivery at the 2016 General Conference of the European Consortium for Political Research, Charles University, Prague, Czech Republic, September 7-10, 2016.


増山幹高「国会審議映像検索システムとそのニュース動画への応用可能性」政策研究大学院大学,2016年.


「国会審議映像検索システムの活用法:国会審議で議員が使うパネルの抽出」をアップロードしました.
詳しくはこちら


Mikitaka Masuyama "Video Retrieval System for the Japanese Diet Deliberations" E-News 73, April 2016, Intersteno, International Federation for Information and Communication Processing, pp. 9-15.


増山幹高「見たくなる国会審議映像へ」『αシノドス』vol.192.2016.03.15 (特集:国会)。


『レヴァイアサン』56号(2015春)にて特集「国会という情報学」を企画.
詳しくはこちら


増山幹高・竹田香織「いかに見たい国会審議映像に到達するか?―国会審議映像検索システムの概要―」,『レヴァイアサン』56号(2015春),pp.54-79,2015年.


鈴木泰山・内山雄司・青木保一・相良毅・秋田祐哉・河原達也・竹田香織・増山幹高「音声認識技術の活用による国会審議映像検索システムの実現」,第103回音声言語情報処理研究会 (SIG-SLP) デベロッパーズフォーラム(II),2014年10月24日.


Mikitaka Masuyama and Kaori Takeda “Instant Parliamentary Deliberations Are in Our Reach” Prepared for delivery at the 2014 Annual Meeting of the American Political Science Association, August 28-31, 2014.


Mikitaka Masuyama and Sadafumi Kawato “Does the Divided Diet make a difference?” Presented at the Workshop on “Heterotemporal Parliamentarism” Ludwig Maximilians University, Munich, Germany, May 8-9, 2014.


日本公共政策学会 2013年度研究大会にてセッション「議会・立法に関するICTの活用」を企画, 2013年6月1-2日.詳しくはこちら


増山幹高・竹田香織「情報公開制度はどのように利用されているのか?」, 2012年度日本公共政策学会報告,2012年6月16-17日.


増山幹高・竹田香織「いかに見たい国会審議映像に到達するか?」,2012年度日本選 挙学会ポスター,2012年5月19-20日.


Mikitaka Masuyama “Text-based Search on Diet Deliberation Video Clips” Presented at the 2012 Annual Meeting of the Association for Asian Studies, Toronto, Canada, March 15-18, 2012.


Mikitaka Masuyama and Benjamin Nyblade “DPJ Ministerial Selection and Durability: A Long Term Perspective” Prepared for delivery at the 2012 Annual Meeting of the Association for Asian Studies, Toronto, Canada, March 15-18, 2012.


Mikitaka Masuyama and Benjamin Nyblade “Cabinet Government and Ministerial Turnover in Japan, 1885-2010” Prepared for the European Consortium of Political Research Joint Sessions, St. Gallen, Switzerland, April 12-17, 2011.


Mikitaka Masuyama and Benjamin Nyblade “Changes in Delegation and Accountability in Japan” Prepared for Conference on Democracy and Political Institutions, University of Tokyo, November 22, 2010.



*2010年度~2014年度科学研究費補助金基盤研究(S)「政策情報公開の包括化・国際化・ユニバーサル化」(22223002),2015年度~2019年度科学研究費補助金基盤研究(S)「政策情報のユニバーサル化・国際化に関する実証と実践」(15H05727)の成果の一部である。