文化政策プログラム 本文へジャンプ
 
文化政策プログラムへようこそ!


政策研究大学院大学 文化政策プログラムは、
日本で唯一公共政策として文化政策が研究できる教育プログラムです。
「修士(文化政策)」「Master of Cultural Policy」、
「博士(文化政策研究)」「Ph.D in Cultural Policy」を取得することができます。

【学生募集】

平成27年度入学者
 ・第1回試験 出願受付 平成26年10月9日(木)〜平成26年10月16日(木)
 ・第2回試験 出願受付 平成27年1月6日(火)〜平成27年1月13日(火)
※詳しくは入試案内をご覧ください。
※オープンキャンパスについてはこちらをご覧ください。

プログラムディレクター挨拶
文化は心のよりどころであり、豊かで魅力ある社会をつくる源泉です。この文化を継承し発展させていくための仕組みや組み立て、実際の運用などを研究するのが、GRIPS文化政策プログラムです。

「文化」という大きな枠組みのもと、学部を卒業したばかりの学生から、社会人経験者まで幅広い年齢層の学生がそれぞれの興味関心に基づき、時には意見を交換しながら、熱心に研究しています。博士課程学生には留学生も多く、国際色も豊かです。文化政策や文化関連活動に携わる実務者、専門の研究家を志す方、文化振興に情熱を持っている方など意欲的な学生を歓迎します。私たちと一緒に学んでみませんか。


文化政策プログラムディレクター 
教授 垣内恵美子

著書紹介

「チケットを売り切る劇場 兵庫芸術文化センターの軌跡」
垣内恵美子、林伸光 著書


単行本: 196ページ
出版社: 水曜社 (2012/3/25)
言語 日本語
ISBN-10: 4880652830
ISBN-13: 978-4880652832
発売日: 2012/3/25

更新情報 (最終更新日2014年12月26日)
■ 「イベント」を更新しました。
こちらをごらんください。

■ 「学生の声」を更新しました。
※文化政策プログラムで学ぶ学生からのコメントです。



   Copyright@Cultural Policy Program National Graduate Institute For Policy Studies