摂食障害/拒食症の理解と治療のためにHOME     家族会/EATファミリーサポートの会

患者さんへ
摂食障害の理解
摂食障害の治療
ご家族の方へ
家族にできること
家族会
その他の情報
回復者の声
本の紹介
家族教室DVD
摂食障害Q&A
専門家の方へ
摂食障害の理解と
治療のためにHOME
サイトマップ
全国の摂食障害
家族会リスト


ご家族にできること

ここでは、拒食症の患者さんを抱えるご家族へ向けた情報を掲載します。
ゆっくりで申し訳ございませんが、徐々に情報を増やしていく予定です。

1.原因探しよりもサポートの工夫が大切です
2.まずは、摂食障害を理解しましょう
3.健康な部分を大切にしましょう
4.サポートのコツ
5.家族みんなが、心地良く暮らせる工夫をしましょう
6.家族会より〜アイディアや対応の仕方
7.「困った会話」の対処法
8.良いこと探しとほめること
9.家族にできること、できないこと

番外編摂食障害の治療改善のために声を上げよう



1.原因探しよりもサポートの工夫が大切です


家族は、摂食障害の原因ではありません。
家族は、回復のための重要なサポーターです。

家族会の中で、「私の育て方が悪かったのだろうか?」「母親の過保護や、父親の不在が原因だと本で読んだのですか・・・」と言う事をよく耳にします。

確かに、摂食障害のお子さんを抱えた時、細かい食事のこと、日常の些細なことでけんかが絶えず、家族が混乱すると言うことは、良くあることです。

やせ細ったお子さんに、食事を食べさせようとすれば、「食べたくない」「私のつらさをわかってくれない!」と言われ、本を読めば「過干渉はいけない」と書いてある・・・。でもお子さんのことが心から心配で、命にもしものことがあったらどうしよう・・・と思い悩む。
このような状態では、ご家族が「何が悪かったのだろう」と自分たちを責め、
自信をなくし、意識的にも無意識にも、家族の中で「原因探し」、「犯人探し」をしてしまうのももっともな事かもしれません。

しかし、家族が摂食障害の直接の「原因」であるという根拠はありません。
問題は、探せばどこの家庭でも出てきます。
そして、原因を探り当てたからと言って、今困っている問題が解決するとは限りません。

多くの患者さんが、病気で苦しむさなかに、「家族のこんなところが嫌だ」「こうなったのは家族のせいだ」と訴えるのは事実です。しかし、回復した時には、「家族に迷惑をかけて申し訳なかった」「家族が支えてくれたことがうれしかった」「やっぱり病気は自分で向き合あうべき問題だった」と述べているのも、また事実です。

家族が原因でないとすると、家族にできることはないのか、家族が回復に無関係なのかと言うと、まったくそうではありません。
苦しい病気の真っ只中にいる患者さんは、自分を受け入れてくれる人、サポートしてくれる人を求めています。
そして、多くの場合、身近にいるご家族こそが、患者さんが一番助けて欲しいと望む人で、一番多くの時間、サポートしてあげられる人です。
家族の適切なサポートがあれば、苦しい回復までの道のりを、より心強く歩いていけます。


過去にさかのぼって「原因探し」「犯人探し」をするのではなく、今目の前で困っている患者さんをサポートすること、問題解決の手助けをすることが大切です。

 2.まずは、摂食障害を理解しましょう

           摂食障害の理解と治療のためにHOME



Copyright(c)2007-2015 EATファミリーサポートの会. All Rights Reserved.