摂食障害/拒食症の理解と治療のためにHOME     家族会/EATファミリーサポートの会

患者さんへ
摂食障害の理解
摂食障害の治療
ご家族の方へ
家族にできること
家族会
その他の情報
回復者の声
本の紹介
家族教室DVD
摂食障害Q&A
専門家の方へ
摂食障害の理解と
治療のためにHOME
サイトマップ
全国の摂食障害
家族会リスト


ご家族にできること


1.原因探しよりもサポートの工夫が大切です
2.まずは、摂食障害を理解しましょう
3.健康な部分を大切にしましょう
4.サポートのコツ
5.家族みんなが、心地良く暮らせる工夫をしましょう
6.家族会より〜アイディアや対応の仕方
7.「困った会話」の対処法
8.良いこと探しとほめること
9.家族にできること、できないこと

番外編摂食障害の治療改善のために声を上げよう




3.健康な部分を大切にしましょう


本人も摂食障害という病気に取り付かれてつかれきっています。
家族が巻き込まれるのは当然ですし、できることには何事にも限界があります。


 摂食障害には特有の症状は、健康な人には理解しにくいものです。
ストレスがあると痩せたくなる、特定の食べ物にこだわる、痩せているのに動き回る、ストレス解消のために嘔吐や下剤を使用するなどの症状は、摂食障害の知識がないと(たとえあったとしても)、「なんで?」といいたくなる症状かもしれません。

 しかし、低体重やこれらの食行動にばかり目を向けると、摂食障害の泥沼にはまってしまいます。



 むしろ、これらの症状にとらわれず、本人の健康な部分に目をむけ、それを伸ばしてくことが重要です。


 例えば、こんな風に考えてみてください。
健康なもともとの本人に、摂食障害という「オバケ(症状)」が取り付いているような感じです。





テレビを見たり、世間話をしているときは普通なのに、食事の話題となると目の色が変わったようになり、とんでもないおかしなことを言い出す・・・
そんな経験をしている方は多いのではないでしょうか?

 普段の世間話をしたり、将来のことを考えたりするのが健康な本人、目の色が変わったときは「オバケ(症状)」が取り付いている状態。そんな風に考えると理解しやすいかもしれません。
 
 周りの人にできることは、この「オバケ(症状)」の正体を知り、それの悪影響が最小限になるように援助することです。そのためにも症状の科学的な理解は欠かせません。
 そして、家族・医療者・そして摂食障害にかかっている本人も、みんなで協力してこのオバケを管理し、小さくしていくイメージを持つと良いかもしれません。

 そのためには、本人の健康な部分と、症状を分けて考えることが重要です。例えば、体重や体型の話は症状の部分です。いくら体重を増やすように言いきかせても、それは「オバケ」と格闘しているようなもので、本人のためにはなりません。
 むしろ、体型や体重に関することには口出しをせず、本人の健康な思春期の悩みや、ストレス、日常の楽しい話には真剣に付き合うことが、本人自身のためになります。

 また、家族自身も疲れきってしまわない工夫をしましょう。症状と本人を分けて考え、症状に巻き込まれないようにすることで、家族自身も楽になれることが多いようです。



4.サポートのコツへ

摂食障害の理解と治療のためにHOME


Copyright(c)2007-2015 EATファミリーサポートの会. All Rights Reserved.