堀田 昌英

● 学歴・職歴

1992 年東京大学工学部土木工学科卒業、94 年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了、99 年ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE) 博士課程修了(PhD)、1999 ~ 2000 年英国ダーラム大学ビジネススクールSenior Research Associate、2000 年東京大学大学院工学系研究科講師、02 年同助教授、07 年同准教授、10 年12 月より東京大学大学院新領域創成科学研究科教授。

専門分野

社会的意思決定論,コンフリクトマネジメント,環境社会配慮

●   研究業績

廣瀬達也・鈴木貴大・堀田昌英,2013,公共事業の民間事業者からの発案に対するインセンティブ
付与構造のモデル分析,土木学会論文集F4, 69(2) 121-139.

戎勇樹・堀田昌英, 2012, ゲーム理論で考察する景観の民事法的保護の論理,都市計画論文集,
47(2) 162-167.

藤野陽三,赤塚雄三,金子彰,堀田昌英,山村直史,2011,「海外インフラ整備プロジェクトの
形成」鹿島出版会.

Kawamata, K and Horita, M, Applying Matching Strategies in Climate Change Negotiations,
Group Decision and Negotiation (DOI 10.1007/s10726-013-9354-6) (forthcoming).

Maemura, Y and Horita M, 2012, Humour in negotiations: a pragmatic analysis of humour
in simulated negotiations. Group Decision and Negotiation Vol.21, 821-838.
DOI:10.1007/s10726-011-9251-9.