戸堂 康之

● 学歴・職歴

1991 年 東京大学教養学部教養学科(アジア分科)卒業。学習塾経営を経て、94 年 アジア経済研究所開発スクール修了、95 年 スタンフォード大学食糧研究所修士課程修了、2000 年 スタンフォード大学経済学部博士課程修了(経済学Ph.D.)。南イリノイ大学経済学部助教授、東京都立大学経済学部助教授、青山学院大学国際政治経済学部助教授を経て、07 年4 月より東京大学大学院新領域創成科学研究科助教授。10 年12 月より教授。早稲田大学政治経済学術院経済学研究科教授(2014年4月より)。

●  専門分野

開発経済学、国際経済学、ミクロ計量経済学

●   研究業績

Christiaensen, Luc and Yasuyuki Todo, “Poverty Reduction during the Rural-Urban
Transformation:The Role of the Missing Middle,” forthcoming in
World Development.

Matous, Petr, Yasuyuki Todo, Dagne Mojo Yadate, “Roles of Extension and Ethno-Religious
Networks in Acceptance of Resource-Conserving Agriculture among Ethiopian
Farmers,” forthcoming in International Journal of Agricultural Sustainability, 2012.

Todo, Yasuyuki, “Impacts of Aid-Funded Technical Assistance Programs: Firm-Level
Evidence from the Indonesian Foundry Industry,” World Development,
39(3), pp. 351-362, 2011.

Hijzen, Alexander, Tomohiko Inui, and Yasuyuki Todo, “Does Offshoring Pay? Firm-Level
Evidence from Japan,” Economic Inquiry, 48(4), pp. 880-895, October 2010.

戸堂康之のウェブサイト