ダルウィッシュ・ホサム

ダルウィッシュ・ホサム                                        Housam Darwisheh
現職: 日本貿易振興機構アジア経済研究所地域研究センター・
研究員
専門: 中東政治研究

本研究班での役割: 中東の国家形成・建設に関する調査・研究

略歴:

2002年  ダマスカス大学英文学・言語学部卒

2006年  東京外国語大学大学院地域文化研究科修士課程修了・修士

2010年  同研究科博士課程修了・博士

2010年  東京外国語大学総合国際学研究科研究員

2011年  日本貿易振興機構アジア経済研究所地域研究センター中東研究グループ・研究員
(現在に至る)

主要研究業績:

1. 「シリア危機のダイナミクスと紛争の行方」中東政治経済レポート2013年1月-7月号

2. 「エジプト政治の民主化と社会運動「1月25日革命」とムバーラク政権の崩壊」(横田貴之との
共著)酒井啓子編『中東政治学』有斐閣,2012

3.  特集 :「アラブの春」と中東政治の構造変容 「アラブの春と頑強なシリアのアサド体制、
アジ研ワールドトレンド2012年1月

4. 「アラブ世界の新たな反体制運動の力学—エジプトとチュニジアを例として」 酒井啓子編
『アラブ大変動を読む—民衆革命のゆくえ』東京外国語大学出版会 2011

5. 「エジプトにおける民衆運動と政治社会の再構築」、『現代思想』 、第39巻第4号、
2011年3月。2011.

6.  “Political Activism under Mubarak’s Electoral Engineering in the 1980s,” Annals of Japan
Association for Middle East Studies, Sept. 24-1, 2008.