城山 智子

氏名 城山 智子
役職 東京大学大学院経済学研究科教授
学位 Ph.D. (歴史学)
専門分野 近現代中国経済史
この科研での研究テーマ アジア諸地域における長期経済発展径路の研究
学歴・職歴

1988年 東京大学文学部 卒業

1990年 東京大学人文科学研究科修士課程 修了

1995年 東京大学 人文科学研究科博士課程 単位取得満期退学

1999年 ハーバード大学歴史学部博士課程 修了

1994年04月~1996年03月 日本学術振興会- 奨励研究員

1996年04月~1998年03月 北海道大学文学部 助教授

1998年04月~2000年03月 日本学術振興会- 海外特別研究員

2000年04月~2002年03月 北海道大学大学院文学研究科 助教授

2002年04月~2008年05月 一橋大学経済学研究科 助教授

2008年06月~2014年03月 一橋大学経済学研究科 教授

2014年04月~  東京大学大学院経済学研究科 教授

主要業績

『近代中国幣制改革論の系譜:ジェレミア・W・ジェンクス(1856-1929)を中心として』、斯波義信編「モリソン・パンフレットの世界」東洋文庫論叢第75、東洋文庫、2012年、87-108頁。

“The Shanghai Real Estate Market and Capital Investment, 1860-1936” in Billy K. L. So and Ramon H. Myers eds., The Treaty Port Economy in Modern China: Empirical Studies of Institutional Change and Economic Performance, Institute of East Asian Studies, University of California, Berkeley, China Research Monograph 65, 2011, pp. 47-74.

『大恐慌下の中国:市場・国家・世界経済』、名古屋大学出版会、2011年、349+v頁(平成22年度科学研究費研究成果公開促進費、第28回(2012年)大平正芳記念賞受賞)。

『清末民国期の通貨・金融史』、「近きに在りて―近現代中国をめぐる討論のひろば」59号、2011年、77-83頁

『大蕭條時期的中國: 市場、 國家與世界經濟 (1929-1937)』海外中国研究叢書、江蘇人民出版社、2010年、250頁

「中国と世界経済」、村田雄二郎・飯島渉・久保亨編『シリーズ
20世紀中国2  近代性の構造』、東京大学出版会、2009年、169-189頁

China during the Great Depression: Market, State and the World Economy, 1929-1937, Harvard University Asia Center, 2008, xvii+325 pp

「銀の世界:貨幣と16世紀以降の世界経済」、遠藤乾編『グローバル・ガバナンスの最前線』、東信堂、2008年、162-179頁。