太田 淳

氏名 太田 淳
役職 慶應義塾大学経済学部 准教授
学位 Ph.D. (歴史学)(ライデン大学)
専門分野 近世・近代東南アジア史
この科研での研究テーマ 19世紀島嶼部東南アジアにおける経済発展の研究
学歴・職歴

1993年3月 早稲田大学第一文学部卒業

1996年3月 同大学院文学研究科(美術史学)修士課程修了

1998年9月 – 2005年8月 オランダ・ライデン大学留学

2005年9月 – 2006年3月 アメリカ・ラトガース大学歴史分析研究所客員研究員

2006年8月 – 2008年3月 シンガポール国立大学人文社会科学部ポストドクトラル・フェロー

2008年4月 – 2012年3月 台湾・中央研究院亞太區域專題研究中心助研究員

2012年4月 – 2016年3月 広島大学大学院文学研究科 准教授

2016年4月ー現在 慶應義塾大学経済学部 准教授

主要業績

Changes of Regime and Social Dynamics in West Java: Society, State, and the Outer World of Banten, 1750-1830, Leiden and Boston: Brill, 2006 (日本東南アジア史学会賞受賞).

“Cooperation, Compromise, and Network-making: State-Society Relationship in the Sultanate of Banten, 1750-1808,” 『東南アジア
歴史と文化』37 (2008): 137-165.

「18世紀東南アジアと世界経済」桃木至朗編「海域アジア史入門」、 岩波書店、 2008年、 pp. 145-158.

“Illicit Trade” in South Sumatra: Local Society’s Response to Trade Expansion, c. 1760-1800,” Taiwan Journal of Southeast Asian Studies 6-2 (2009): 3-42.

Islam in Contention: Rethinking Islam and State in Indonesia, ed. with Okamoto Masaaki and Ahmad Suaedy, CSEAS, Kyoto, 2010.

“Pirates or Entrepreneurs? Migration and Trade of Sea People in Southwest Kalimantan, c. 1770-1820,” Indonesia 90 (2010): 67-96.

“Orthodoxy and Reconciliation: Islamic Strategies in the Kingdom of Banten, c. 1520-1813,” in Islam in Contention: Rethinking Islam and State in Indonesia, ed. Ota Atsushi et al, CSEAS, Kyoto, 2010, pp. 393-420.

“The Business of Violence: Piracy around Riau, Lingga, and Singapore, c.1820-1840,” in Elusive Pirates, Pervasive Smugglers: Historical Perspectives on Violence and Clandestine Trade in the Greater China Seas, ed. Robert Antony, Hong Kong University Press, 2010, pp. 127-141.

「近代のネガ、または取り込まれた異者:19世紀マレー海域の海賊」『現代思想』39-10 (2011): 91-105.

「記憶されるインドネシア—1945-70年の日本小説に描かれる戦時占領−」
『アジア太平洋討究』20 (2013): 121-136.