島田 竜登

氏名  島田 竜登                                     
役職 東京大学人文社会系研究科准教授
学位 Ph.D.
専門分野 東洋史、経済史
この科研での研究テーマ 海域アジア貿易史、東南アジア都市史、東インド会社史
学歴・職歴

1996年3月 早稲田大学政治経済学部経済学科卒業

1998年3月 早稲田大学大学院経済学研究科理論経済学・経済史専攻修士課程修了

2001年11月 ライデン大学アジア・アフリカ・アメリンディア研究センター上級修士課程修了

2005年12月 ライデン大学より博士学位取得

2006年3月 早稲田大学大学院経済学研究科理論経済学・経済史専攻博士後期課程退学

2006年4月 西南学院大学経済学部講師

2007年4月 西南学院大学経済学部准教授

2012年4月 東京大学大学院人文社会系研究科准教授

主要業績

著書

The Intra-Asian Trade in Japanese Copper by the Dutch East India Company during the Eighteenth Century (Leiden: Brill Academic Publishers, 2006)

論文

“The Dancing around the Bride: The Inter-Asian Competition for Japanese Copper, 1700-1760”, Itinerario: European Journal of Overseas History, 27(2), December 2003, pp. 37-60.

“The Golden Age of Japanese Copper: Intra-Asian Copper Trade of the Dutch East India Company”, in: A.J.H. Latham and Heita Kawakatsu (eds.) Intra-Asian Trade and the World Market (London: Routledge, March 2006) pp. 24-36.

“Siamese Trade in Agricultural Products with Japan and China in the Eighteenth Century”, in: A.J.H. Latham and Heita Kawakatsu (eds.) Intra-Asian Trade and Industrialization: Essays in Memory of Yasukichi Yasuba (London: Routledge, 2009) pp. 52-75.

“Siamese Products in the Japanese Market during the Seventeenth and Eighteenth Centuries”, in: Yoko Nagazumi (ed.) Large and Broad: The Dutch Impact on Early Modern Asia (Tokyo: The Toyo Bunko, 2010) pp. 147-165.

“Dutch Commercial Networks in Asia in Transition toward the Age of the Pax-Britannica, 1740-1830”, The East Asian Journal of British History, 1, 2011, pp. 29-40.