田辺 明生

氏名 田辺 明生
役職 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授
学位 学術博士(東京大学)
専門分野 南アジアの歴史人類学
この科研での研究テーマ 南アジアの社会構造と発展径路
学歴・職歴

1988年3月東京大学法学部卒業

1990年3月東京大学大学院総合文化研究科文化人類学専攻修士課程修了

1993年11月-1998年03月 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 助手

1998年4月-2004年9月 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 助教授

2004年10月-2009年3月 京都大学人文科学研究所 助教授

(2006年10月 学術博士(論文博士、東京大学)取得)

2009年4月-2016年3月 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 教授

2010年4月-2016年3月 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属現代インド研究センター センター長(併任)

2016年4月ー現在 東京大学大学院総合文化研究科 教授

主要業績

Gender and Modernity: Perspectives from Asia and the Pacific (co-edited with Y. Hayami and Y. Tokita-Tanabe), Kyoto and Melbourne: Kyoto University Press and Trans Pacific Press, 2003.

Dislocating Nation-States: Globalization in Asia and Africa (co-edited with P.N. Abinales and N. Ishikawa), Kyoto and Melbourne: Kyoto University Press and Trans Pacific Press, 2005.

The State in India: Past and Present (co-edited with Masaaki Kimura), New Delhi: Oxford University Press, 2006.

“The System of Entitlements in Eighteenth-Century Khurda, Orissa: Reconsideration of ‘Caste’ and ‘Community’ in Late Pre-Colonial India.” South Asia 28(3): 345-85.

“Recast(e)ing Identity: Transformation of Inter-Caste Relationships in Post-Colonial Rural Orissa.”, Modern Asian Studies 40(3), 2006.

“Toward Vernacular Democracy: Moral Society and Post-Postcolonial Transformation in Rural Orissa, India.”, American Ethnologist 34 (3), 2007.

『地球圏・生命圏・人間圏――持続的生存基盤とは何か』(杉原薫・川井秀一・河野泰之と共編)、京都大学学術出版会 427頁、2010年。

『南アジア社会を学ぶ人のために』(田中雅一と共遍)、世界思想社309頁、2010年。

『カーストと平等性―インド社会の歴史人類学』東京大学出版会、2010年。(平成22年度第14回「国際開発研究・大来賞」、平成23年度第32回「発展途上国研究奨励賞」)

『歴史のなかの熱帯生存圏-温帯パラダイムを超えて』(杉原薫・脇村孝平・藤田幸一と共編)、京都大学学術出版会、2012年。