谷本 雅之

氏名  谷本 雅之                                  
役職 東京大学大学院経済学研究科教授
学位 博士(経済学)(東京大学)
専門分野 日本経済史・比較経済史
この科研での研究テーマ 在来的経済発展の比較史
学歴・職歴

1982年 3月  東京大学経済学部経済学科卒業

1987年 3月  東京大学大学院経済学研究科第2種博士課程単位取得退学

1997年 10月  東京大学大学院経済学研究科助教授

1991年 3月  経済学博士(東京大学)

2005年 8月  東京大学大学院経済学研究科教授

主要業績

『日本における在来的経済発展と織物業―市場形成と家族経済』名古屋大学出版会、1998年(日経・経済図書文化賞を受賞)。

“Rural Entrepreneurs in the Cotton Weaving Industry in Japan” (co-author Itoh Motoshige) in Hayami, Yujiro ed. Toward the Rural-based Development of Commerce and Industry :Selected Experiences from East Asia , Economic Development Institute of the World Bank,1998.

「農村における人口移動:1945-49年―福島県耶麻郡慶徳村の事例―」、
原朗編『復興期の日本経済』東京大学出版会、2002年。

The Role of Tradition in Japan’s Industrialization: Another Path to Industrialization , ed. Oxford University Press, 2006.

「分散型生産組織の“新展開”―戦間期日本の玩具工業」、岡崎哲二編『生産組織の
経済史』東京大学出版会、2005年。

“Cotton and the Peasant Economy: Foreign Fibre in Early Modern Japan”,
in Riello, Giorgio and Prasannan Parthasarathi eds., The Spinning World:
A Global History of Cotton
Textile1200-1850,
Oxford University Press, 2009.

「経営主体の連続と非連続」、宮本又郎・粕谷誠編『講座・日本経営史1 経営史・
江戸の経験1600-1882』ミネルヴァ書房、2009年。

「近代日本の世帯経済と女性労働―「小経営」における「従業」と「家事」」、
法政大学大社会問題研究所「大原社会問題研究所雑誌」635・636号、2011年9・10月合併号、2011年。

“The Role of Housework in Everyday Life: Another Aspect of Consumption
in Modern Japan”, in Francks, Penelope and Janet Hunter eds.,
The Historical Consumer:Consumption and Everyday Life in Japan,
1850—2000
, Palgrave Macmillan, 2012.

“From Peasant Economy to Urban Agglomeration: The Transformation of
‘Labour-intensive Industrialization’ in Modern Japan”, in Austin, Gareth and Kaoru Sugihara eds., Labour-intensive Industrialization in Global History, Routledge, 2013.