川村 晃一

 

 

 

 

学歴:

1993年 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業

1995年 ジョージ・ワシントン大学大学院国際関係学研究科修士課程修了

 

職歴:

1996年 アジア経済研究所入所 動向分析部

1998年 地域研究第1部

2002-2004年 海外派遣員(ジョグジャカルタ)

2005年 研究企画部研究企画課

2006年4月-現在 東南アジアⅠ研究グループ

 

専門分野: インドネシア政治研究、比較政治学

 

本科研プロジェクトでの役割: インドネシア研究(政治中心)

 

主要業績

「インドネシアの選挙と投票行動-アリラン・ポリティクスをめぐる論争の展開-」『アジア経済』第49巻、 第4号、40–67、2008年.

「インドネシア:再生した亀裂投票と不明瞭な業績投票」間寧編『アジア開発途上諸国の投票行動』、アジア経済研究所、265–327、2009年.

「インドネシアの大統領制-合議・全員一致原則と連立政権による制約-」粕谷祐子編『アジアにおける大統領の比較政治学-憲法構造と政党政治からのアプローチ-』ミネルヴァ書房、135–175、2010年.

『2009年インドネシアの選挙-ユドヨノ再選の背景と第2期政権の展望-』、編著、アジア経済研究所191頁、2010年.

「インドネシアの大統領制と政党組織-大統領制化する政党、大統領制化しない政党-」『選挙研究』第28巻第2号、80-95、2012年.

中村正志編『東南アジアの比較政治学』アジ研選書No.30、アジア経済研究所、2012年・「執政・立関係」「司法制度」