本名 純

 

 

 

 

学歴:

1992年3月        Temple University Faculty of Arts and Science
Political Science卒業

1994年   国際基督教大学大学 行政学研究科  Political Science  博士課程前期課程修了

1999年     The Australian National University大学院, Department of Political and
Social Change, Research School of Pacific and Asian Studies修了,  Ph.D. (Politics)

 

 

職歴:

2000-2003年  立命館大学国際関係学部・専任講師

2001-2002年  名古屋大学大学院国際開発研究科・客員研究員

2003-2004年  国際協力事業団インドネシア事務所・JICA専門家

2004年    国際協力事業団インドネシア事務所・JICA企画調整員

2008-2012年  JICA研究所客員研究員(2011年4月からは特別研究員)

2009-2010年  京都大学東南アジア研究所客員教授

2009年-現在  立命館大学国際関係学科教授

2009年-現在  Adjunct Professor, Faculty of Social and Political Sciences, University of
Indonesia

2011年-現在   政策研究大学院大学・非常勤講師

2013年4月-8月    京都大学東南アジア研究所客員教授

 

 

専門分野: インドネシア政治研究、比較政治学

 

本科研プロジェクトでの役割: インドネシア研究 (政治中心)

 

主要業績

“Instrumentalizing Pressures, Reinventing Mission: Indonesian Navy Battles for Turf in the Age of Reformasi,” Indonesia 86 (Southeast Asia Program, Cornell University, 63-80), 2008.

“Orchestrating Transnational Crime: Security Sector Politics as a Trojan Horse for Anti-Reformists,” in Edward Aspinall and Gerry van Klinken, eds., The State and Illegality in Indonesia, Leiden: KITLV Press, 261-279, 2010.

『インドネシア2009年選挙と第2期ユドヨノ政権の展望』編著、アジア経済研究所、191頁、2010年.

「インドネシア――民主化時代のイスラーム政治」山影進・広瀬崇子編『南部アジア』世界政治叢書7、ミネルヴァ書房、95-111、2011年.

“Security Challenges and Military Reform in Post-Authoritarian Indonesia: The Impact of Separatism, Terrorism and Communal Violence,” in Jurgen Ruland, Maria-Gabriela Manea and Hans Born, eds., The Politics of Military Reform: Experiences  from Indonesia and Nigeria, New York: Springer, 185-200, 2012.