熊谷 聡

 

 

 

学歴:

1994年   慶應義塾大学 総合政策学部 総合政策学科卒業

1996年   慶應義塾大学院 政策・メディア研究科 修士課程修了

2004年  ロンドン大学 経済・政治学院(LSE) にてMSc in Global Market Economics 取得

 

 

職歴:

1996年4月  アジア経済研究所入所(経済開発分析プロジェクト・チーム配属)

1999 年4月   地域研究第1部配属

2002年8月-2004 年8月   在ロンドン海外派遣員(LSE)

2004年10月  新領域センター

2009年4月-2010年3月    新領域センター経済統合研究グループ長代理

2010年4月-2013年 4月   新領域センター経済統合研究グループ長

2013年4月-現在   海外調査員(クアラルンプール)

 

専門分野: 国際経済学(貿易)  マレーシア経済  東アジア域内貿易

 

本科研プロジェクトでの役割: マレーシア研究 (経済中心)

 

主要業績

“Structure and determinants of intra-regional trade in East Asia,” in Fujita, Kumagai and Nishikimi, eds., Economics Integration in East Asia: Perspectives from Spatial and Neoclassical Economics, Edward Elgar, 173-202, 2008.

“Geographical Simulation Model: Data-based Approach to the Trade and Transport Facilitation Measures in East Asia,” The Indonesian Quarterly, 38(4), 434-448, 2010.

“History of De Facto Economic Integration in East Asia,” in Fujita, Kuroiwa and Kumagai, eds., The Economics of East Asian Integration: A Comprehensive Introduction to Regional Issues, Edward Elgar, 15-50, 2011.

「貿易結合度の適切な応用についての考察」『アジア経済』第53巻3号、57-68、2012年.