国際シンポジウム“混迷続くタイ政治:その先に何が待っているのか”(2014/3/27)

日時: 2014年3月27日, 14:00-17:00

場所: 政策研究大学院大学  1階  想海摟ホール

スピーカー: パスック・ポンパイチット博士、クリス・ベイカー博士

コメンテータ: 原洋之介 特別教授、 Prof. Richard F. Doner、 相沢伸広 研究員

タイトル: 混迷続くタイ政治:その先に何が待っているのか

概要:  経済成長とグローバル化の進展により、タイ社会はここ数十年変化し続けている。タイの政治システムは、既得権益を持つ旧勢力と変化に依って台頭してきた新勢力との間での衝突を伴いながら、この社会の変化に適応しようとしている。この適応プロセスは不穏なものとなっているが、こういった状態はよく見られることである。

本講演は2013年末に始まった抗議行動の現状を詳細に検討し、その先に何が待っているのかを考えてみることを目的とする。いまある対立の解消は、さらなる社会の変化と、経済成長と地域、そして世界の中で果たすべき役割に対して、タイがより深く関わっていくことによってなされるであろうことを示したい。

言語: 英語

詳細はこちら

このシンポジウムにご参加希望の方は、

下記のサイトより3月25日までにお申し込みくださいませ (パスワード: GRIPS4327)

https://ssl.form-mailer.jp/fms/2503e1be290311

皆様のお越しを心からお待ちしております.