新学術領域経済史セミナー(2-2)

定例研究会

2014年5月27日(火)午後2時ー5時

GRIPS 4階 研究会室4B

 

小林篤史 (GRIPS)「19世紀中葉の東南アジアにおける国際通貨システムの発達ーシンガポールの銀流通を中心にー」

 

Masao Daemeur (Science Po/東京大学)

“French and German Policies in Institutional Bargaining in Asian Trade: An Analysis of the Interplay of Tariff, Diplomatic Prestige and Economic Information Flows, 1911-1931″