新学術領域経済史セミナー(2-6)

新学術領域B02班 経済史セミナー(2-6)

 

2014年7月22日(火)午後4時ー5時半

GRIPS 5階 講義室A

Harald Fuess (Heidelberg University and Nichibunken) Western Consular Courts and Yokohama Treaty Port Society

Abstract:

Western extraterritoriality in Meiji Japan is mostly seen as a symbol of Western imperialism violating Japanese sovereignty and territorial integrity. Treaty revisions thus became the overarching policy goal of successive Japanese governments. While the image of Japan´s coerced and unwanted foreign relations is perpetuated by terms such as “opening Japan” and “unequal treaties” there is surprisingly little knowledge among Western historians of Japan on the actual workings of extraterritoriality in Japanese treaty port society. Based on research in various diplomatic archives and press publications this study covers the activities of Great Britain and the United States but emphasizes the hitherto neglected role of the continental European powers of Germany and France. In particular it explores the workings of the system of consular jurisdiction to argue that it helped to order and regulate the lives in Japanese treaty ports such as Yokohama across national boundaries and thereby contributed to a containment of Western imperialism in Meiji Japan.

フ-ス先生は日本語も堪能ですが、今回は英語で報告していただきます〈アブストラクトを参照)。 ハイデルベルク大学Heidelberg Center for Transcultural Studies (HCTS)歴史学教授で、現在、国際日本文化研究センター(京都)の客員研究員として日本の居留地における治外法権にみられる論争を研究中です。日本の近現代史におけるグローバル化について、社会、経済、法律分野を専門に幅広く研究しておられます。プリンストン大学 B.A.、上智大学留学、東京大学社会科学研究所外国人客員研究員、ハーバード大学Ph.D. ヨーロッパ日本研究協会(EAJS)名誉会長。最近の出版物・研究テーマには次があるとのことです。

「明治期結婚と離婚の近代化」(2012年 日本語)

「日本と韓国にあるドイツの治外法権制度」(2013年 ドイツ語)

「日本の姦通罪の近代化とフランスの法律の影響」(2014年 英語)

「非公式帝国主義と1879のヘスぺリア号事件、コレラの抑制と治外法権の挑戦」(2014年 英語)

「西洋の領事裁判所と横浜居留地社会」(近刊予定 英語)

「日韓併合と欧州の戦略」(近刊予定 英語)

「日本の居留地新聞に見る韓国像」(近刊予定 英語)