GRIPS 新学術領域経済史セミナー(7)

日本学術会議主催(GRIPS 新学術領域後援)学術フォーラム
「アジアの経済発展と地球環境の将来-人文・社会科学からのメッセージ-

2014年1月11日(土)13:30-17:30

日本学術会議講堂

開会の挨拶 山本眞鳥(日本学術会議第1部会員、法政大学教授)

問題提起 杉原薫(日本学術会議第1部会員、政策研究大学院大学教授)

報告
植田和弘(京都大学教授)
「アジア経済と地球環境-長期的展望-」

田中耕司(日本学術会議第1部会員、京都大学教授)
「モンスーンアジアの生態と生存基盤-歴史的展望-」

佐藤仁(東京大学准教授)
「アジアにおける天然資源管理と国家・社会関係の比較分析」

佐藤孝宏(国際稲研究所(IRRI,フィリピン)研究員)・峯陽一(同志社大学教授)
「生存基盤指数が見せる世界-地球圏・生命圏・人間圏の持続可能性-」

パネルデイスカッション

コメンテータ 安成哲三(日本学術会議第3部会員、総合地球環境学研究所長)

氷見山幸夫(日本学術会議第3部会員、北海道教育大学教授)

閉会の挨拶 広渡清吾(日本学術会議前会長、連携会員、専修大学教授)

参考資料