マクロ比較史(白石班)研究業績

研究成果

雑誌論文

<2017>

Shiraishi,T., “The History of Asia and Japan in the modern period,” The Advisory Panel on the History of the 20th Century and on Japan’s Role and the World Order in the 21st Century (ed.). Toward the Abe Statement on the 70th Anniversary of the End of World War II: Lessons from the 20th Century and a Vision for the 21st Century for Japan, Tokyo, Japan Publishing Industry Foundation for Culture, pp.183-193,2017

武内進一「アフリカにおける土地政策の新展開と農村変容」、武内進一編『現代アフリカの土地と権力』アジア経済研究所、pp.3-34.2017年、 査読有

武内進一「土地政策と農村変容―ルワンダ、ブルンジ、コンゴ民主共和国西部」、武内進一編『現代アフリカの土地と権力』アジア経済研究所、pp.259-291. 2017年、 査読有

武内進一「近年のアフリカにおける土地改革と農村変容をどうとらえるか」、武内進一編『現代アフリカの土地と権力』アジア経済研究所、pp.293-310. 2017年、査読有

武内進一「政治―長期の視点でアフリカを理解する」、遠藤貢・関谷雄一編『社会人のための現代アフリカ講義』東京大学出版会、pp.53-78.2017年

Hau, C.S., “Chinese Women Ethnopreneurs in Southeast Asia: Two Case Studies,” Sojourn 31.2 pp. 463-96. 2016

Hau, C.S., “Did Padre Damaso Rape Pia Alba?: Reticence, Revelation, and Revolution in José Rizal’s Novels,” Philippine Studies: Historiographical and Ethnographic Viewpoints 65.2 pp.137-199. 2017

佐藤寛「特集にあたって 脇役に光をあてる」,(特集クルド-国なき民族の生存戦略-)『アジ研ワールド トレンド』、266号、p.2, 12月号2017

佐藤寛「経済協力研究と社会開発研究」,(特集 変わる世界、変わる研究)『アジ研ワールド・トレンド』3.4月合併号、269号、pp.46-47,2018

佐藤寛「忘れられた戦争-イエメンの人々を襲う人道的崩壊」『世界』8月号、p.38、2017年

Darwisheh,H., “Ruling against Revolution: the Judiciary and the Restoration of Authoritarianism in Egypt,” IDE-JETRO Middle East Review, February, Vol. 5: pp.1-23.2018

Darwisheh,H., “The Rise of the Kurds in the Syrian Conflict,” IDE JETRO Report, October,pp.1-5. 2017

ホサム ダルウィッシュ「アメリカ政治とシンクタンク」,アジ研ワールド トレンド 1月、pp.50-54. 1月2018年

Kanchoochat, V., “Institutional Traps: The Role of Institutions in Economic Catch-up”, Paper presented at the Bank of Thailand’s Annual Symposium, Bangkok (19 September, Thai.2017

Takagi, Y., “Policy coalitions and ambitious politicians: A case study on the Philippine social policy reform,” Philippine Political Science Journal, Vol. 38,  pp.28-47. 2017,査読有

高木佑輔「フィリピン・ドゥテルテ政権の政治―民主化後の政治発展とエドサ連合」、『アスティオン』86、サントリー文化財団、pp.45-60. 2017年

高木佑輔、「ドゥテルテ政権の外交政策―フィリピンにおける親アジア路線の模索と課題」、『国際問題』、公益財団法人日本国際問題研究所、第665号、pp.20-29. 10月2017年

長田紀之「ビルマの首都ラングーンの脱植民地化過程に関する覚書――人口変化と華人街における土地利用の変化を中心に――」、『東京経大学会誌―経済学―』 297号(橋谷弘教授退任記念号)、83-106頁, 2月2018年

長田紀之ほか (著) 華僑華人の事典編集委員会 (編)『華僑華人の事典』丸善出版, 東京, xxi+593頁(担当箇所:「移住・移民支援ビジネスの歴史と現代」pp.28-29,「ミャンマー」pp.334-335, 12月2017年

長田紀之「なりゆきと因縁 — 長田紀之著『胎動する国境―英領ビルマの移民問題と都市統治』(特集1 アジ研研究者が自著について語る)」,『アジ研ワールド・トレンド』(日本貿易振興機構アジア経済研究所)262号, pp.14-15, 7月2017年

長田紀之「2016年のミャンマー:半世紀ぶりの公正な選挙にもとづくアウンサンスーチー新政権の船出」、『アジア動向年報2017』(日本貿易振興機構アジア経済研究所), 439-462頁, 5月2017年

Suryomenggolo, J., Review of G30S and Asia: Dalam bayang-bayang Perang Dingin, edited by Kurasawa Aiko and Matsumura Toshio (Jakarta: Penerbit Buku Kompas), Southeast Asian Studies 6 (3): pp.531-533.2017

Suryomenggolo, J., Review of The Malayan Communist Party as recorded in the Comintern files, by Fujio Hara (Petaling Jaya: Strategic Information and Research Development Centre, 2017), TRaNS: Trans-Regional and -National Studies of Southeast Asia 6(1): pp.133-135.2018

<2016>

白石隆、 2016年、「ASEAN共同体と東南アジア」、『治安フォーラム』5月号、46-55.

白石隆、2016年、「激動の世界を読む、ドゥテルテ氏の外交、まだ『学習中』結論急ぐな」、『アジア時報』、12月号

武内進一、2016年、「アフリカの『三選問題』―ブルンジ、ルワンダ、コンゴ共和国の事例から」、『アフリカレポート』、日本貿易振興機構・アジア経済研究所、Vol.54、73-84. 査読有

武内進一、2016年、「アフリカの土地法改革と大規模土地取引」、『国際農林業協力』、Vol.39 No.4、2-8.

武内進一、2016年、「ガバナンスで読み解く紛争と和解」、『外交』、Vol.38、42-47.

武内進一、2016年、「特集に当たって」特集:TICAD VIの機会にアフリカ開発を考える、『アジ研ワールドトレンド』、No.253、 2-3.

武内進一、2016年、「アフリカ政治の現状と課題—紛争とガバナンスの視点から」、『アジ研ワールドトレンド』No.253、28-31.

武内進一、2016年、「アフリカ―武力紛争と民族、宗教、国家」、西崎文子・武内進一編『紛争・対立・暴力―世界の地域から考える』、岩波ジュニア新書、67-87.

武内進一、2016年、「アフリカの国境は紛争の主因か?」、黒木英充・塩谷昌史・柳澤雅之編『教会・境域への挑戦と「地域」』地域研究コンソーシアム・京都大学地域研究統合情報センター・東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所、34-39.

武内進一、2016年、「冷戦後アフリカにおける土地政策の変化——その要因と方向性についての試論」武内進一編『冷戦後アフリカの土地政策―中間成果報告』日本貿易振興機構・アジア経済所、1-24

武内進一、2016年、「コンゴ民主共和国西部農村社会とその土地利用に関する覚書」、武内進一編『冷戦後アフリカの土地政策―中間成果報告』日本貿易振興機構・アジア経済研究、234-254.

Takeuchi, S., 2016, “Post-Independence Political and Economic Systems.” In Contemporary African Economies: A Changing Continent under Globalization, Kitagawa, K., and Takahashi, M., (eds.), 73-88.

Hau, C.S., 2015, Book reviews “Tropical Gothic,” Manila Review , 9-11.

Hau, C.S., 2015, Book review of Amy Chua Book reviews “On Mother’s Day: A Second Look at the Legendary Tiger Mom,” Battle Hymn of the Tiger Mother,  vol 27.no. 3, 13-15.

Hau, C.S., 2015, Book Review of Ramon Guillermo, Ang makina ni Mang Turing, Kyoto Review of Southeast Asia, Issue 18.

http://kyotoreview.org/book-review/ang-makina-ni-mang-turing/

工藤年博、2016年、「序章 2015年総選挙の意義」(中西嘉宏、長田紀之と共著)1-7、「第2章 2015年ミャンマー総選挙結果を読む」45-74、「終章 今後の展望」(中西嘉宏と共著)121-126 『ミャンマー2015年総選挙―アウンサンスーチー新政権はいかに誕生したのか』情勢分析レポートNo.27、日本貿易振興機構・アジア経済研究所、査読有

工藤年博・熊谷聡、2016年、「ミャンマーの対外開放政策―新たな時代の成長戦略態―」、阿曽村邦昭・奥平龍二編著『ミャンマー 国家と民族』古今書院、493-502.

工藤年博、2016年、「ミャンマーの統計」、阿曽村邦昭・奥平龍二編著『ミャンマー 国家と民族』古今書院、504-509.

工藤年博、2016年、「ミャンマーの総選挙とその後~国民と国軍はなにを選択したのか~」、『JMC Journal』日本機械輸出組合、5月号、24-31.

工藤年博、2016年、「チーム・スーチー」内閣の始動」、『外交』Vol. 37、89-95.

工藤年博、2016年、「新生ミャンマー誕生へ:新政権の政策と課題」、『東レ経営研究所経営センサー』No.180、19-23.

工藤年博、2016年3月31日配信、「2015年ミャンマー総選挙と「ポスト軍政」の政治」IIST e-Magazine No.0253号、http://www.iist.or.jp/jp-m/2016/0253-1005/

Kudo, T., and Kumagai, S., 2015, “Myanmar’s Development Vision” in Sasakawa USA ed., The United States and Japan: Assisting Myanmar’s Development, Washington D.C. Sasakawa USA, 57-66.

Kudo, T., and Odaka,K., 2016, “Post-colonial Industrialisation in Myanmar” in Konosuke Odaka ed., The Myanmar Economy: Its Past, Present and Prospects, Tokyo, Heidelberg, New York, Dordrecht, London: Springer, 155-193, 査読有

Kudo, T., 2016, “The Birth of a New Myanmar: the People’s and the Military’s Choices” AJISS-Commentary, No.223, https://www2.jiia.or.jp/en_commentary/201601/14-1.html.

Kudo, T., 2016, “The 2015 Myanmar General Elections and “Post-Junta” Politics” IIST e-Magazine, No.253, http://www.iist.or.jp/en-m/2016/0253-1005/.

中西嘉宏、2016年、「国軍と政治―軍事政権の時代は終わったのか」、阿曽村邦昭、奥平龍二(編)『ミャンマー 国家と民族』古今書院、392-406.

中西嘉宏、2017年、「ミャンマーにおける政治と司法―憲法裁の停滞と民主化の行方-」、玉田芳史編『政治の民主化と司法化』晃洋書房、122-140.

中西嘉宏、2017年、「政治と軍」、山本信人編『東南アジア地域研究入門3 政治』慶應義塾大学出版会、137-152.

中西嘉宏、2016年、 『ミャンマー2015年総選挙-アウンサンスーチー新政権はいかに誕生したのか-』長田紀之・中西嘉宏・工藤年博 情勢分析レポートNo.27、日本貿易振興機構・ アジア経済研究所, 143p

高木佑輔、2017年、「統治」、山本信人編『東南アジア地域入門3 政治』慶應義塾大学出版会、121-136

高木佑輔、2016年、「独立後の歩み」、大野拓司・鈴木伸隆・日下渉(編)『フィリピンを知るための64章』,明石書店、129-134.

高木佑輔、2016年、「大統領」、大野拓司・鈴木伸隆・日下渉(編)『フィリピンを知るための64章』明石書店、202-206

高木佑輔、2016年、「対米関係」、大野拓司・鈴木伸隆・日下渉(編)『フィリピンを知るための64章』明石書店、253-257

高木佑輔、2016年、「アジア外交」、大野拓司・鈴木伸隆・日下渉(編)『フィリピンを知るための64章』明石書店、258-262

Takagi, Y., 2016, Book reviews of  Virata, C., ”Life and Times; Through Four Decades of Philippine Economic History”, Philippine Political Science Journal, 67-69

Suryomenggolo, J., 2017, “Political Assassination in Southeast Asia.” Kyoto Review of Southeast Asia

https://kyotoreview.org/issue-21/political-assassinations-in-southeast-asia/

 

<2015>

Hau, C.S., 2015, “Introduction: Bequeathing Families: Inheritance, Maintenace, and Change,” TraNS: Trans-Regional and National Studies of Southeast Asia Special Issue: “Bequeathing Families” , 3(2), 153-157, Guest Editor, 153-266, 査読有.

Hau, C.S., 2015, “Tiger Mother as Ethnopreneur: Amy Chua and the Politics of Chineseness,” TRaNS: Trans-Regional and National Studies of Southeast Asia , 3(2), 213-237, 査読有.

武内進一、2016、「冷戦後アフリカの紛争と紛争後―その概観」、遠藤貢編(シリーズ総編者太田至)『アフリカ潜在力2 武力紛争を越える―せめぎあう制度と戦略のなかで』京都大学学術出版、23-49.

武内進一、2016、「『アフリカの潜在力』という視角」、遠藤貢編(シリーズ総編者太田至)『アフリカ潜在力2 武力紛争を越える―せめぎあう制度と戦略のなかで』京都大学学術出版会、323-342.

武内進一、2015、「アフリカにおける土地と国家―その歴史的概観」、武内進一編『アフリカ土地政策史』日本貿易振興機構・アジア経済研究所、3-29.

武内進一、2015、「コンゴ民主共和国、ルワンダ、ブルンジの土地政策史」、武内進一編『アフリカ土地政策史』日本貿易振興機構・アジア経済研究所、171-196.

武内進一、2015、「アフリカの国家建設と土地政策」、武内進一編『アフリカ土地政策史』日本貿易振興機構・アジア経済研究所、255-269.

中西嘉宏、2015、「民政移管後のミャンマーにおける新しい政治―大統領・議会・国軍―」、工藤年博編『ポスト軍政のミャンマー―改革の実像―』日本貿易振興機構・アジア経済研究所、25-52.

中西嘉宏、2015、「戦略的依存からバランス志向へ-ミャンマー外交と対中国関係の現在」、『国際問題』、7・8月合併号、38-47.

岡本正明、2016、「民主化したインドネシアにおけるトランスジェンダーの組織化と政治化、そのポジティブなパラドックス」、『イスラーム世界研究』、9巻、231-251、査読有.

Aizawa, N., 2015, “Indonesia’s Foreign Policy takes an Economic turn,” East Asian Forum Quarterly, 7 (3), 27-28.

Kanchoochat, V., 2015, “The Middle-income Trap and East Asian Miracle Lessons,” Alfredo Calcagno et al. (eds.) Rethinking Development Strategies after the Global Financial Crisis – Volume I: Making the Case for Policy Space, New York and Geneva: United Nations.

Kanchoochat, V., 2015, “Coalition Politics and Reform Dynamics in Thailand,” R.U. Mendoza et al. (eds.) Building Inclusive Democracies in ASEAN, Manila: Anvil Publishing.

Kanchoochat, V., 2015, “The Ugly Rules: Constitutional Design and Welfare State-Building in Brazil and Thailand,.” Working Paper No.180, Asia Research Centre, Murdoch University, Australia.

Darwisheh Housam. 2015,  “Regime Survival Strategies and the Conduct of Foreign Policy in Egypt,” Middle East Review of IDE-JETRO, Vol.2, 43-64. 査読有.

佐藤寛.2 015,  「MDGs後の開発とビジネス」『アジ研ワールドトレンド』232、12-15.

 

<2014>

Shiraishi Takashi, 2014,  “Indonesian Technocracy in Transition: A Preliminary Analysis,” Southeast Asian Studies, Vol.3, No.2, 255-281. 査読有.

Caroline S. Hau, 2014, “Privileging Roots and Routes: Filipino Intellectuals and the Contest over Epistemic Power and Authority,” Philippine Studies: Historical and Ethnographic Viewpoints, Vol.64, No.1, 29-65. 査読有.

武内進一, 2014,  「中央アフリカにおける国家の崩壊」、『アフリカレポート』52、24-33。査読有.

中西嘉宏,  2014, 「パーリア国家の自己改革‐ミャンマーの外交『正常化』と米国、中国との関係」『国際政治』177、84‐97。査読有.

中西嘉宏, 2014,  「軍と政治的自由化‐ミャンマーにおける軍事政権の『終焉』をめぐって」『比較政治学会年報』16、183‐205。査読有.

工藤晶人,2014,  「地中海史の近代‐アルジェリアとフランスの重なり合う歴史」、『UP』496, 8-13.

相沢伸広, 2014,  「グローバル・スタディーズ」と東南アジア華僑・華人研究」、『地域研究』14-1、2014、182-193。査読有

ダルウィッシュ・ホサム, 2014,  「2013年軍事クーデター以降のエジプト‐スィースィーによる移行ロードマップ」、『中東レビュー』2, 20-24.

Takagi Yusuke, 2014,  “The ‘Filipino First’ Policy and the Central Bank, 1958-1961: Island of State Strength and Economic Decolonization,” Philippine Studies: Historical and Ethnographic Viewpoints, Vol.62, No.2, 233-261. 査読有.

Takagi Yusuke, 2014 “Beyond the Colonial State: Central Bank Making as State Building in the 1930s,” Southeast Asian Studies, Vol.3, No.1, 85-117. 査読有.

 

<2013>

武内進一, 2013,  「序論『紛争後の国家建設』」、『国際政治』174, 1-12..

岡本正明, 2013,  「民主化したイスラーム大国インドネシア:安定から発展へ」、『国際問題』10月号、31-44。査読有.

 

研究成果

書籍

<2017>

Hau, C.S., Elites and Ilustrados in Philippine Culture, Quezon City, Ateneo de Manila University Press, 2017

JPaul S. Manzanilla and Hau, C.S., eds. Remembering/Rethinking EDSA. Manila:Anvil Publishing, Inc., 2016. (Winner, 2016 National Book Award for the Bilingual Anthology) 2016 refereed

Hau, C.S., Katrina P. Tuvera, Isabelita O. Reyes, eds. Elite: An Anthology. Manila. Anvil Publishing, Inc., 2016 refereed

Hau, C.S., “Entangling Alliances: Elite Cooperation and Competition in the Philippines and China,” Chinese Encounters in Southeast Asia: How People, Money, and Ideas from China are Changing a Region, ed. Pal Nyiri and Danielle Tan, 119-35. Seattle: University of Washington Press, 2016

佐藤寛(監訳)『貧しい人を助ける理由 遠くのあの子とあなたのつながり』日本評論社185ページ、2017年

Kanchoochat, V., “Towards a Southeast Asian Variety of Capitalism?” in Khoo Boo Teik, Keiichi Tsunekawa and Motoko Kawano (eds.) Southeast Asia beyond Crises and Traps: Economic Growth and Upgrading. Tokyo,Palgrave, Macmillan. 2017

Kanchoochat, V., and Kevin Hewison (eds.) (2017) Military, Monarchy and Repression: Assessing Thailand’s Authoritarian Turn. London: Routledge.2017

古田元夫 (編著); 坪井祐司; 長田紀之; 山本博之; 西芳実(著)『東南アジアの歴史』放送大学教育振興会, 東京, 236頁 (担当箇所:「第5章 植民地支配の進展」(78-93頁),「第6章 東南アジア経済の再編成」94-107頁, 3月2018年

Maria Thaemar Tana and Takagi, Y., “Japan’s Foreign relations with the Philippines: A case of evolving Japan in Asia”, in James D.J. Brown and Jeff Kingston eds. Japan’s foreign relations in Asia, NY: Routlege, pp.313-328. 2018


<2016>

西崎文子・武内進一編、2016年、暴力―世界の地域から考える』、岩波ジュニア新書

Hau, C.S.,2015, uerdos de Patay and Other Stories, Quezon City: University of the Philippines Press. (Winner, 2016,  35th National Book Award Cirilo F. Bautista Prize for Short Fiction in English)  査読有

Takagi, Y., 2016, Central Banking as State Building: Policymakers and Their Nationalism in the Philippines, 1933–1964, Singapore: National University of Singapore Press, Kyoto: Kyoto University Press, Quezon City: Ateneo de Manila University Press, 214.


<2015>

白石隆、2016、『海洋アジアvs.大陸アジア-日本の国家戦略を考える-』ミネルヴァ書房.

白石隆、2015、「中国・アジア太平洋」、船橋洋一編著『検証日本の「失われた20年」、日本はなぜ停滞から抜け出せなかったのか』東洋経済新報社、269-294.

Hau, C.S., 2015, Recuerdos de Patay and Other Stories, Quezon City: University of the Philippines Press 査読有.

Manzanilla, J., and Hau, C.S., eds., 2016, Remembering EDSA/ Rethinking EDSA, Manila: Anvil Publishing Inc.

武内進一編、2015、『アフリカ土地政策史』日本貿易振興機構・アジア経済研究所(研究双書)、xii+275.

中西嘉宏、2016、「国軍と政治―軍事政権の時代は終わったのか」、阿曽村邦昭・奥平龍二(編)『ミャンマー 国家と民族』古今書院、392-406(印刷中).

佐藤寛・ほか編、2015、『開発社会学を学ぶための60冊』明石書店、243.

岡本正明、2015、『暴力と適応の政治学―インドネシア民主化と地方政治の安定』京都大学学術出版会、302.

岡本正明、2015、「ユドヨノ政権の10年間:政治的安定・停滞と市民社会の胎動」川村晃一編著『新興民主主義大国インドネシア―ユドヨノ政権の10年と2014年選挙―』ジェトロ・アジア経済研究所、159-184.

工藤晶人、2016、「大陸の果ての葡萄酒─アルジェリアと南アフリカ」、石川博樹・小松かおり・藤本武 (編)『食と農のアフリカ史―現代の基層に迫る』昭和堂、223−236.

工藤晶人、2016、「植民地とアフリカの年」、南塚信吾・秋田茂・高澤紀恵( 編 )『新しく学ぶ西洋の歴史:アジアから考える』ミネルヴァ書房、314-315.

工藤晶人、2015、「移民と外国人」、杉本淑彦・竹中幸史(編)『教養のフランス近現代史』ミネルヴァ書房、211−225.

相沢伸広、2015、「ユドヨノ政権10年の外交——国際社会における名声とその限界——」川村晃一編『2014年インドネシアの選挙―ユドヨノ政権の10年と新政権の成立―』アジア経済研究所.

Takagi, Y., 2016, Central Banking as State Building: Policymakers and Their Nationalism in the Philippnes, 1933-1964. Singapore: National University of Singapore Press, Kyoto: Kyoto University Press, xii+214.

 

<2014>

鬼丸武士, 2014,  『上海「ヌーラン事件」の闇:戦間期アジアにおける地下活動のネットワークとイギリス政治情報警察』、書籍工房早山.

 

学会発表

<2017>

武内進一「人口希薄地帯における土地囲い込み―コンゴ民主共和国西部の事例」(Enclosure in population scarcity: the case of western DR Congo)(2017年5月21日 日本アフリカ学会第54回学術大会口頭発表(Raymond Lumbuenamo, Guy-Verlain Tshimanga wa Tchimangaと共著)於信州大学教育学部)、2017

武内進一「内戦後の土地問題と国際規範―ルワンダ、ブルンジの事例から」(2017年9月5日 2017年度国際法学会研究大会口頭発表)於朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター,2017

武内進一「デモクラシーと世界秩序」(2017年10月28日 日本国際政治学会2017年度研究大会プログラム 共通論題パネリスト(西崎文子、遠藤乾、吉川元、川島真とともに登壇))於神戸国際会議場、2017

Takeuchi. S., “African Enclosure in the Context of Land Law Reforms” African Studies Association 60th Annual Meeting. (African Studies Association Panel Organizer )November 18, Chicago,2017

佐藤寛「日本の高度経済成長期における生活改善運動の役割-他セクターとの関連を中心として」国際開発学会第28回全国大会11/26、東洋大学、東京、2017

佐藤寛「The role of Semi-Official Community Based Organization in Social Development」韓国国際開発協力学会10/26、パジャジャラン大学、バンドン、2017

Takagi, Y., “Faces of Local Transformation: Policy Coalitions and the Socio-economic Development in the Philippines, 1986-2016”, PPP Project Interim Meeting, Faces of Local Transformation, Kyoto University, July 10 -11, 2017.

Takagi, Y., “Faces of Local Transformation: Policy Coalitions and the Socio-economic Development in the Philippines, 1986-2016”, PPP Project Interim Meeting, Faces of Local Transformation, GRIPS, March 16 -17, 2017.

Suryomenggolo, J., Proceeding of International Workshop: “Two Decades after 1998 Reformasi: Achievements and Challenges,” on November 10, GRIPS, Tokyo, 2017

Suryomenggolo, J., Proceeding of International Workshop: “Two Decades after 1998 Reformasi: Achievements and Challenges,” November 10, 2017 at GRIPS, Tokyo, 2017

 

<2016>

Suryomenggolo, J., December 13, 2016, “Democratization and Religious NGOs in Indonesia”,

International Workshop on Comparing the Tripartite Links of Middle Class, Civil Society and

Democratization in Taiwan, South Korea, Thailand and the Philippines. GRIPS.

高木佑輔、2016年12月3日・4日、「21世紀のフィリピン政治研究(政治学の立場から)」東南アジア学会第96回研究大会,慶應義塾大学

Amonvatana, P., and Takagi, Y.,, August 19, 2016, “Democratic Transformation or Consolidation of Populism? A Comparative Study of the Tripartite Links in Thailand and the Philippines” International Workshop on Comparing the Tripartite Links of Middle Class, Civil Society, and Democratization in Taiwan, South Korea, Thailand and the Philippines, Institute of Sociology, Academia Sinica (台湾中央研究院)

Takagi, Y., December 13-14, 2016,“Democratic Tripartite and Transformation of Contested Democracy in the Philippines” International Workshop on Comparing the Tripartite Links of Middle Class, Civil Society, and Democratization in AsiaⅡ, GRIPS.

Takagi, Y., March 16 -17, 2017, “Introduction: Faces of Local Transformation”, “Dynamics of dynasty? The Politics of Social Policymaking in Ilocos”, Faces of Local Transformation, GRIPS.

Suryomenggolo, J., August 19, 2016, ( Discussant) Session 3: The Philippines, in International Workshop on Comparing the Tripartite Links of Middle Class, Civil Society and Democratization in Taiwan, South Korea, Thailand and the Philippines., Academia Sinica , Taiwan.

Suryomenggolo, J., October 4, 2016, (Organizer/ Moderator) “Medicine Talks: Perceiving Society and Individuals from the Japanese Occupation to Independent Indonesia.” GRIPS.

Suryomenggolo, J., December 15, 2016, ( Organizer/ Moderator) “Seminar on the Philippines’ Economic Policy”. GRIPS.

Suryomenggolo, J., February 22, 2017, (Moderator) Session 2, Divides and Dissent: Critical Reflections on Malaysia and Malaysian Studies 60 Years after Merdeka, GRIPS.

Suryomenggolo, J., February 22, 2017, (Moderator) Session 2, Divides and Dissent: Critical Reflections on Malaysia and Malaysian Studies 60 Years after Merdeka, GRIPS,.

Suryomenggolo, J., March 23, 2017, (Organizer/ Moderator.) “Demographic changes in Southeast Asia”,GRIPS.

 

<2015>

Shiraishi, T., December 12, 2015, (organizer and convenor for a panel discussion )  “The East Asian Economic Crisis of 1997-1998 Revisited: A Round table Discussion”, Panel 1.23, SEASIA 2015, Consortium for Southeast Asian Studies in Asia, Kyoto International Conference Center, Kyoto.

Shiraishi, T., October 8, 2015, “Politics of Science and Technology in Indonesia: Lessons learned from Japan,” Keynote Speech, Indonesia Science Congress, LIPI (Lembaga Ilmu Pengetahuan Indonesia), Jakarta, Indonesia.

Shiraishi, T., July 9, 2015, “Japan’s Security and Foreign Policy under Prime Minister Abe”, Keynote Speech, National Security College, ANU, Canberra, Australia.

Shiraishi, T., July 8, 2015, “Looking Back, Looking Ahead: Asia in the 21st Century”, Keynote Speech, ICAS (International Conference of Asian Studies) 9, Adelaide, Australia.

Hau, C.S., December 13, 2015, “Crony Capitalism, People Power, and (Anti-) Developmentalism in and Beyond The Philippines: The 1986 EDSA Revolt as Event and Explanation”, Panel 2.15, SEASIA 2015, Consortium for Southeast Asian Studies in Asia, Kyoto International Conference Center, Kyoto.

武内進一、2015年11月1日、「アフリカの国境は紛争の主因か?」JCAS:地域研究コンソーシアム 年次集会(招待講演)、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所、東京.

武内進一、2015年5月24日、「政治経済の視点から自然と人の共生を考える」日本アフリカ学会第52回学術大会 公開講演会(招待講演)、犬山国際観光センター、愛知.

Takeuchi Shinichi, March 26, 2015,  “Tracing Back Land Policies in Africa: Resource Management and Territorial Control,” 2015 World Bank Conference on Land and Poverty, Washington DC, USA.

佐藤寛、2015年11月28日、「生活改善と日本の社会開発」、国際開発学会、新潟大学.

Okamoto, M., February 29, 2016, “Irony of “Political” Resistance of Local Bureaucrats in Java, Indonesia” Workshop on Quantitative Analysis of Local Government in Indonesia in comparison with Thailand and the Philippines, インドネシア科学院政治学研究所セミナー室.

Okamoto, M., December, 2015, “Privatization of Security in Myanmar and Indonesia,” SEASIA 2015 Consortium for Southeast Asian Studies in Asia, Kyoto International Conference Center, Kyoto.

Okamoto, M., November 5, 2015, “Banten in Motion Special Seminar on Local Oligarchy in Indonesia,” 国立イスラム学院セラン校.

Okamoto, M., August 5, 2015, “Future Earth Program for the Smallholder Oil Palm Plantations & Its Challenge,” International Seminar on Toward a Sustainable and Resilient Community “Co-existence of Oil Palm Plantation, Biodiversity and Peat Fire Prevention, リアウ大学災害研究所講堂.

岡本正明、2015年7月11日、「インドネシアにおける民主主義の深化とトランスジェンダー(ワリア)の政治」、東南アジア学会関西例会、大阪大学.

岡本正明、2015年4月25日、「スーパーグローバル・ハイスクール『アジア探求』」(講演)東南アジアを学ぶ、総合研究棟二号館四階大会議室.

Okamoto, M., April 1, 2015, “Kuliah Umum: Runtuhnya Dinasti Politik di Indonesia,” Runtuhnya Dinasti Politik di Indonesia, リアウ大学政治社会学部セミナールーム.

Onimaru, T., December 12, 2015, (organizer and convenor for a panel discussion )  “States and Surveillance : Comparative Colonial State Formation in Southeast Asia,” Panel 1.25, SEASIA 2015, Consortium for Southeast Asian Studies in Asia, Kyoto International Conference Center, Kyoto.

Onimaru, T., December 12, 2015, “The Genesis of “Surveillance State”?: State Surveillance in Colonial Singapore in 1920s and 30s, ” Panel 1.25, SEASIA 2015, Consortium for Southeast Asian Studies in Asia, Kyoto International Conference Center, Kyoto.

Aizawa, N., March 24, 2016, “Japan’s Foreign Policy: Southeast Asia and the search of Asia’s Third Platform,” Japan briefing: the economy, politics and innovation policy, Crawford School of Public Policy Australian National University, Canberra.

Aizawa, N., February 2016, “The Geopolitical Competition: Japan and China’s Southeast Asian policy,” GIGA Forum, German Institute of Global and Area Studies, Hamburg.

Aizawa, N., December 2015, “Politics of a “Sandwich City”: Governing the multinational social multilayers in Bangkok,” SEASIA 2015, Consortium for Southeast Asian Studies in Asia, Kyoto International Conference Center, Kyoto.

Aizawa, N., August 2015, “Thailand and the Changing Geopolital Dynamics of Southeast Asia,” Carnegie Asia Program, Carnegie Endowment for International Peace, Washington DC, USA.

Kanchoochat, V., December 12, 2015, (organizer and convenor for a panel discussion ) , “The Politics of Ideas and State Transformation, ” Panel 2.15, SEASIA 2015, Consortium for Southeast Asian Studies in Asia, Kyoto International Conference Center, Kyoto.

Kanchoochat, V., December 12, 2015 , “Capacity Without Priority? Thailand’s Technocratic Prorotization and Developmental Path, ” Panel 2.15, SEASIA 2015, Consortium for Southeast Asian Studies in Asia, Kyoto International Conference Center, Kyoto.

Takagi, Y., December 12, 2015, “Liberalization of What? Revisiting the Philippine “Liberalization” Policy in the 1960s,” Panel 2.15, SEASIA 2015, Consortium for Southeast Asian Studies in Asia, Kyoto International Conference Center, Kyoto.

 

<2014>

岡本正明, 2014 10月11日, 「インドネシアにおける反汚職運動の政治:バンテン州の地方政治を主たる事例として」、東南アジア学会中部例会、南山大学、愛知.

鬼丸武士, 2014年8月2日,  「国家と情報:英領マラヤでのイギリス植民地統治と政治情報警察」、東南アジア学会九州例会、九州大学、福岡.

相沢伸広, 2014年8月2日,  「経済成長期の新興国外交‐インドネシア、ユドヨノ政権の外交政策」、東南アジア学会九州例会、九州大学、福岡.

Veerayooth Kanchoochat, April 22-24, 2014,  “An Alternative Institutional Approach to Thailand’s Political Economy,” 12th International Conference on Thai Studies, University of Sydney, Australia.

Veerayooth Kanchoochat,  November 22, 2014, “The Middle-income Trap and East Asian Miracle Lessons,” 7th Thailand-Japan International Academic Conference 2014, University of Tokyo, Tokyo, Japan.

高木佑輔,  2014年5月31日 「1960年代フィリピンにおける経済政策運営の転換に関する一考察‐シクスト・ロハスを中心に」、アジア政経学会全国大会、慶應義塾大学、東京.

 

<2013>

Takeuchi Shinichi, November 21, 2013,  “Land Conflicts and the State in Rwanda and Burundi,” 56th Annual Meeting of African Studies Association, Baltimore, MD, USA.

 

基調講演

<2016>

Keynote speech delivered at the King Prajadhipnk’s Institute Congress

XVIII, November 5, 2016, Bangkok

白石 隆 こちらをクリック

 

社会・国民への発信 (新聞・雑誌記事、テレビ、ラジオ等)

<2017>

白石隆「会員随想 次の10年に向けた経済政策を」、FFC NEWS4月号、2017

白石隆「アメリカ・ファーストの行方~グローバリズムとアジア太平洋戦略~」、『日経研月報』、7月号、2017

白石隆「地球を読む ASEAN外交『中国追随』は一面的見方」、『読売新聞』、6月25日、2017

Shiraishi,T., “ASEAN engaging in shrewd diplomacy,”The Japan News, Jun 26,2017

白石隆「激動の世界を読む 米国と不確実性の時代 衝動的なトランプ政権」、『毎日新聞』、7月11日、2017

白石隆「地球を読む 中国・一帯一路 インド包囲網構築を警戒」、『読売新聞』、11月12日、2017

Shiraishi,T., “Japan should join AIIB, help Asia-winde growth,” The Japan News, Nov. 14, 2017

白石隆「地政学・地経学に見る東南アジア諸国の対応」、『日経研月報』、11月号、p13, 2017

白石隆「激動の世界を読む 東南アジアのイスラム」、『毎日新聞』、11月14日、2017

白石隆「自由主義的秩序の要となる『インド・太平洋』地域」、『日研月報』、3月号、2018

白石隆「激動の世界を読む アジア新興国と日本」、『毎日新聞』、3月14日、2017

 

<2016>

白石隆、6月5日、2016年、「地球を読む、ASEAN共同体、日米・中国競合激化の中で」、『読売新聞』

Shiraishi, T., June 6, 2016, “Is ASEAN Community sufficiently cohesive?” The Japan News.

白石隆、10月30日、2016年「地球を読む、反グローバル化、経済低迷で欧米内向き」、『読売新聞』

Shiraishi, T., Oct. 31, 2016, “Economic downturn fueling anti-globalism,” The Japan Times.

白石隆、1月5日、2017年「大転換に備えよ(2)アジアの経済減速、火種に 経済教室」、『日本経済新聞』

白石隆、3月5日、2017年、「地球を読む、進む技術革新、行政も変革」、『読売新聞』

Shiraishi, T., March 6, 2017, “Gov’t reform key to ‘super smart society’,” The Japan News.

高木佑輔、2016年7月17日、評論「攻防南シナ海」、「フィリピンの立場」高知新聞22面

高木佑輔、2016年10月5日、コメント「言動過激 ドゥテルテ比大統領 なぜ人気?」朝日新聞、日刊,37面

高木佑輔、October 26, 2016、コメント“Rodrigo Duterte, in Japan, Calls for U.S. Troops to Exit Philippines in 2 Years” The New York Times.

高木佑輔、2016年11月3日、コメント「中国マネーで転向ドゥテルテ大統領が卵売りだった頃」週刊文春、p164

高木佑輔、2016年、Wedge Opinion「ドゥテルテ発言に翻弄されず日比関係の充実を」Wedge,12月号,54~55.

高木佑輔、2016年7月6日、出演「東・南シナ海で起こる中国と周辺諸国の領土問題 専門家はこう見る」Ameba Times、テレビ朝日。

高木佑輔、2016年10月24日、出演「米と決別?フィリピン外交の行方」朝一番 世界をつかむ、NHK。

高木佑輔、2016年10月25日、出演「ドゥテルテ大統領 訪日について」グッドモーニング、テレビ朝日。

高木佑輔 出演、2016年10月26日、「ニュース 日・フィリピン首脳会議」報道ステーション、テレビ朝日。

高木佑輔、2016年10月27日、電話インタビュー「ドゥテルテ大統領 訪日について」みんなのニュース、フジテレビ。

高木佑輔、2016年5月4日、インタビュー「フィリピン大統領選直前:専門家に聞く「政情」「経済」「対中関係」」Foresight。

高木佑輔、2016年10月17日、コメント「マルコス目指すドゥテルテ氏?フィリピン大統領の反米発言の裏を読み解く – 野嶋 剛」WEDGE Infinity。

高木佑輔、2016年7月10日、講演「ASEAN Integration as Reality and as an Area of Academic Inquiry/Research」、パネル登壇:在日アセアン青年ネットワーク、ASEAN ACADEMIC FORUM、国際機関日本アセアンセンター。

高木佑輔、2016年12月6日、 報告「フィリピンにおける新政権の動向」CSISバーチャル・シンクタンク、日本経済新聞社東京本社ビル。

 

<2015>

白石隆、2015、「インドネシアトップセミナー講演録」、『月刊インドネシア』2月号.

白石隆、2015、「二十一世紀のアジア」、『21世紀ひょうご』Vol. 19

Hau, C.S., July 26, 2016, “Beware of False Prophets,” Rappler.com

http://www.rappler.com/views/imho/100500-beware-false-prophets

Hau, C.S., July 11, 2016 , “The Problem with Loyalty Oaths,” Rappler.com

http://www.rappler.com/views/imho/99032-problem-with-loyalty-oaths

Hau, C.S., 2016, “Foreword” to Megan C. Thomas, Orientalists, Propagandists, and Ilustrados: Filipino Scholarship and the End of Spanish Colonialism, Philippine edition, vii-xxi, Manila: Anvil Publishing, Inc., 査読有.

Hau, C.S., 2016, “Where does the laughter of the Noli come from? ,”Philippine Studies vol. 64, no. 1, March , 129-35, 査読有.

Hau, C.S., September 21, 2015, “Kaisa–28 on 28,” Tulay 8 , 16, 14.

武内進一、2015、「アフリカの野生動物保護と地域研究」、『アジ研ワールドトレンド』240巻、4-5.

中西嘉宏、2016、「ミャンマー総選挙の結果と今後の行方」、『バンコク日本人商工会議所 所報』No.647、61-66.

佐藤寛、2016、「特集にあたって~忘れ去られた中東の貧困途上国~」、『アジ研ワールドトレンド』、248巻、2-3.

佐藤寛、2016、「連邦制という名の実験」、『アジ研ワールドトレンド』、248巻、34-37.

佐藤寛、2016、「サッカーフ家の父娘」、『アジ研ワールドトレンド』、248巻、38.

岡本正明、2015、「反汚職の政治社会学」、『アジ研・ワールドトレンド』、16-18.

相沢伸広、2015、「民主主義から経済へ―ジョコウィ政権の外交政策の転換―」、特集「インドネシア−ユドヨノの10年とジョコウィの1年」、『アジ研ワールドトレンド』、第241巻、19−21.

ダルウィッシュ・ホサム、2016、「エジプトの2015 年議会選挙: スィースィー支持者がコントロールする無力な議会」、『中東レビュー』、3巻、19-22.

ダルウィッシュ・ホサム「『アラブの春』から5年―欧州の対中東・北アフリカ外交政策」、『神奈川大学評論』、第83号、91−99.

 

<2014>

Otsuka Keijiro and Shiraishi Takashi, 2014,  eds. State Building and Development. London and New York: Routledge.

Shiraishi Takashi and Kojima Takaaki, 2014,  eds. ASEAN-Japan Relations. Singapore: ISEAS.

白石隆, 2014年4月20日,  「日米関係の未来は:中国への警戒感を共有」、日本経済新聞9.

Takeuchi Shinichi, 2014,  ed. Confronting Land and Property Problems for Peace. Oxon: Routledge.

Caroline S. Hau, 2014,  The Chinese Question: Ethnicity, Nation and Region in and beyond the Philippines. Quezon City, Singapore, Kyoto: Ateneo de Manila University Press, NUS Press, Kyoto University Press.

Koo Boo Teik, Vedi Hadiz and Nakanishi Yoshihirom 2014, eds. Between Dissent and Power: The Transformation of Islamic Politics in the Middle East and Asia. London: Palgrave.

鬼丸武士, 2014年4月7日,  「秘密情報も『我々の歴史』」、読売新聞朝刊(全国版)文化面19.

EOM