国際活動支援班(IG班)研究業績

【研究活動】

学会発表

学会名:CSAE Conference 2018: Economic Development in Africa

場所:Oxford, UK

日時:2018年3月18日 ~ 3月20日

発表者:Rayner Tabetando(GRIPS post-doctoral fellow)

タイトル:Mobile Money, Risk Sharing and Educational Investment: Panel Evidence from Rural Uganda

使用言語:英語

 

■  外国人研究者招聘

招聘元国:イギリス

招聘期間:2018年3月1日~6日

招聘研究者:Zhihong Yu博士(ノッティンガム大学)

詳 細: 学術ワークショップ(「2018 International Workshop on the World and Asian Economy

-The 5th Tokyo Network Workshop-」:早稲田大学現代政治経済研究所主催)にて研究発表して頂き、国際共同研究の可能性について議論した。

 

■  若手研究者派遣

派遣先国:エチオピア アセラ、アディスアベバ

派遣期間:2018年月2月4日~2月18 日

派遣研究者:柏木柚香(早稲田大学)

詳 細:社会ネットワークが農業技術に与える影響を分析するため、アセラ地域での農家約600世帯の「アンケート調査」及び「社会実験」を行った。

 

学会発表

学会名:アメリカ経済学会年次大会

場所:Pennsylvania Convention Center(アメリカ,  フィラデルフィア)

日時:2018年1月5日-7日

報告者:樋口裕城(名古屋市立大学)

タイトル:Management skill, entrepreneurial mindset, and enterprise survival: Evidence from randomized experiments and repeated surveys in Vietnam

使用言語:英語

 

国際会議開催

タイトル:Hayami Conference 2017

日時:2017年12月16-17日

場所:GRIPS、1A&1B

プログラム:http://www3.grips.ac.jp/~esp/en/news/hayami-conference-2017-1216-1217/

使用言語:英語

 

 

 

 

学会発表

学会名:Empirical Management Conference 2017:Management Practices in the Private and Social Sectors Conference

場所:世界銀行(アメリカ)

日時:2017年12月7日-8日

報告者:樋口裕城(名古屋市立大学)

タイトル:Management skill, entrepreneurial mindset, and enterprise survival: Evidence from randomized experiments and repeated surveys in Vietnam

使用言語:英語

 

■  学会発表

学会名:The Asian and Australasian Society of Labour Economics

場所: オーストラリア、キャンベラ

日時:2017年12月7日 ~12月8日

発表者:嶋本大地(早稲田大学 次席研究員)

タイトル:Identifying and Decomposing Peer Effects on Decision-Making Using a Randomized Controlled Trial

使用言語:英語

 

■  若手研究者派遣

派遣先国:オーストラリア シドニー

派遣期間:2017年11月30日~12月6日

派遣研究者:嶋本大地(早稲田大学)

詳 細:

シドニー大学のPetr Matous先生と共同研究について打合せを行った。

 

ワークショップ開催

タイトル:(Dream of)Control and Prevention – Public Health, Policing, and Colonial State in Asia

日時:2017年11月30日, 14-18時

場所:GRIPS、4B

発表者:Prof. Mark Harrison(Oxford University)

Dr. Atsuko Naono(Oxford University)

Dr. Jeong-Ran Kim(Oxford University)

Dr. Merce Planta(University of the Philippines)

Prof. Takashi Shiraishi(IDE-JETRO)

Assoc. Prof. Takeshi Onimaru

Dr. Tomokazu Okada(Osaka Univeristy)

Dr. Noriyuki Osada(IDE-JETRO)

司会:Assis. Prof. Yusuke Takagi(GRIPS)

使用言語:英語

 

学会発表

学会名:Annual Australian Social Network Analysis Conference

場所:Sidney, Australia

日時:2017年11月28日 ~ 11月29日

発表者:嶋本大地(早稲田大学 次席研究員)

タイトル:The Role of Information and Social Interactions in Export Activity: Evidence from firm-level data from Vietnam

使用言語:英語

 

■ 学会発表

学会名:Northeast Universities Development Consortium 2017

場所:タフツ大学(アメリカ)

日時:2017年11月1日から11月7日

報告者:樋口裕城(名古屋市立大学)

タイトル:Management skill, entrepreneurial mindset, and enterprise survival: Evidence from randomized experiments and repeated surveys in Vietnam

使用言語:英語

 

■  外国人研究者招聘

招聘元国:イギリス

招聘期間:2017年10月23日~28日

招聘研究者:Johan Koskinen博士(マンチェスター大学)

詳 細:ネットワーク統計学の著名な研究者であるKoskinen博士からネットワーク統計分析の方法論に関し、知識を供与して頂くとともに共同研究の可能性について議論した。

 

■  若手研究者派遣

派遣先国:アメリカ ワシントン

派遣期間:2017年10月3日~10月6日

派遣研究者:柏木柚香(早稲田大学)

詳 細:

グローバル・サプライチェーンを経由して経済ショックが新興国に及ぼす影響について、世界の企業データを利用した分析を行うため、世界銀行のDr. Stephane Hallegatte (Lead Economist, Global Facility for Disaster Reduction and Recovery)と共同研究を行うため、世界銀行を訪問し議論を行った。

 

■  学会発表

学会名:ETSG 2017 Florence Nineteenth Annual Conference

場所:European University Institute and University of Florence

日時:2017年9月14日 ~ 9月16日

発表者:Kim Yu Ri(早稲田大学 次席研究員)

タイトル:Are politically connected firms more likely to export?

発表者:Yuzuka Kashiwagi(早稲田大学 修士)

タイトル:Propagation of Shocks due to Natural Disasters through Global Supply Chains

使用言語:英語

 

■  若手研究者派遣(資料調査)

派遣先国:ナイジェリア・ガーナ・イギリス

派遣期間:2017年9月10日~10月9日

派遣研究者: OSEI OTENG-ASANTE (GRIPS PhD Cand.)

詳細:intra-West African Trade研究に関する資料調査。

-ナイジェリア: National Archives Ibadan訪問

-ガーナ: National Archive Headquarters(Accra)、Regional Offices(Cape Coast, Kumasi, Tamale) 訪問

-イギリス(ロンドン):National Archive, the British Library, SOAS-Univ. of London, LSE Library訪問

 

■  若手研究者派遣(資料調査)

派遣先国:イギリス(ロンドン)

派遣期間:2017年8月6日~8月15日

派遣研究者:Benjamin Bansal (GRIPS PhD Cand.)

詳細: LSE Library、SOAS Libraryでurban and economic history and economic geography 関連資料調査

 

■ 学会発表及び研究者交流

学会名:XXXⅦ Sunvelt Conference (The international Network for Social Network Analyses : INSNA 2017)

場所:BICC’s B-Continent Beiging Parkview Wuzhou Hotel, Beijing, China

日時:2017年5月30日-6月4日

発表者:

-Daichi Shimamoto(Waseda Univ.), “Accounting for Heterogeneity in the Network Formation Behaviors:  With an Application to Vietnamese SMEs”

-Lianming Zhu(Waseda Univ.), “Supply Chain Disruptions and Trade Credit”

-Jiangtao Fu(Waseda Univ.), “Propagation of Financial Constraints in the Global Production Network: Evidence from Firm-level Data for Asian Economies”

-Yuzuka Kashiwagi(Waseda Univ.), “Propagation of Shocks due to Natural Disasters through Global Supply Chains”

使用言語: 英語

研究者交流: 清華大学教授 Yi Lu氏、及びSIM University (シンガポール)講師 Pan Zhengqi氏と今後の共同研究の可能性について打合わせを行った。

 

■ 研究者派遣(研究者交流及び共同研究事前調査)

派遣先国:イギリス

派遣期間: 2017年3月12日-26日

派遣研究者:鬼頭朋見(筑波大学大学院システム情報工学研究科・助教

業績詳細:

University College London, Dept. of Computer Science, Financial Computing and Analytics Group, Dr.  Daniel Frickeを訪問。今後、企業間取引のビッグデータ(既に収集済)を利用した国際共同研究を遂行することで合意し、滞在中に関連研究の調査やデータの予備分析も行った。

 

■  ワークショップ開催

タイトル:The 4th Tokyo Network Workshop in Sydney - Advances in multi-disciplinary research of networks –

場  所:The University of Sydney

日  時:2017年3月11日 (土)

発表者:

- Kashiwagi, Yuzuka, Yasuyuki Todo(Professor, Waseda University), “Globalization of Firms in Supply Chains, Capital Ownership, and Paten Holding: Evidence from Large-Scale Firm-Level Data around the Globe”

- Zhu, Lianming(Waseda University), Yasuyuki Todo, “Supply Chain Disruptions and Trade Credit”

- Fu, Jiangtao, Petr Matous(Senior Lecturer, University of Sydney), “Propagation of Financial Constraints in the Global Production Network: Evidence from Firm-Level Data for Asian Economies”

- Shimamoto, Daichi( Waseda University), Identifying and Decomposing Peer Effects Using a Randomized Controlled Trial”

使用言語:英語

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 若手研究者派遣(ワークショップ発表及び研究者交流)

ワークショップ名:African and Asian Economic History:  A Doctoral Workshop

場所:  King’s College, University of Cambridge

日時:  2017年2月 9日

発表者:

- Oteng-Asante Osei(GRIPS PhD Cand.), ” A Statistical Study of Intra-African Trade, 1899-1913″

- Benjamin Bansal (GRIPS PhD Cand.), “Towards an Economic History of Tokyo’s Postwar Urbanisation, 1945-1970″

使用言語: 英語

 

■ ワークショップ開催

タイトル       :Comparing the Tripartite Links of Middle Class, Civil Society, and Democratization in Asia II

日時       :2016年12月13-14日

場所       :GRIPS、3G

発表者:

- Prof. Hsin-Huang Michael Hsiao(Academia Sinica)” The Tripartite Links of Middle Class, Civil Society and Democracy in Taiwan”

- Prof. Mau-Kuei Chang (Academia Sinica)” Democracy and Institution Building through Civil Society Activism in Taiwan-the case of Judicial Reform Foundation”

- Prof. Yoon-Chul Park (Hoseo University)” The Tripartite Links of Middle Class, Civil Society and Democratization in South Korea.”

- Prof. Teresa S. Encarnacion Tadem (University of the Philippines)” The Middle Class in Civil Society’s Role in the Philippines’ Democratization Process”

- Assis. Prof. Yusuke Takagi (GRIPS)” Democratic Tripartite and Transformation of Contested Democracy in the Philippines”

-Assis. Prof. Jafar Suryomenggolo (GRIPS)” Democratization and Religious NGOs in Indonesia”

- Assoc. Prof. Veerayooth Kanchoochat (GRIPS) ” Contingent Authoritarians”

- Prof. Pei-Hsiu Chen (National Chi-Nan University) ” From Paragons to Enemies of Democracy”

・使用言語:英語

 

■ 研究者派遣(研究者交流及び課題検証事前調査)

派遣先国:エチオピア

派遣期間: 2016年11月17日から11月27日

派遣研究者:高橋 遼(早稲田大学高等研究所・助教)

業績詳細:

エチオピア北部ティグレイ地区で、混合所有制度の効果について実証的な検証を行う上で必要な調査等を現地共同研究者(メケレ大学Mesfin博士、Emiru博士)と連携し行った。

 

■ 若手研究者派遣(研究者交流及びフィールドワーク)

派遣先国: ウガンダ

派遣期間: 2016年9月26日~10月4日

派遣研究者:Masaru Nagashima・Francisco Mugizi・Rayner Tabetando

指導教員: 松本朋哉, Assistant Professor, GRIPS

業績詳細: 1)マケレレ大学経済研究所にて研究報告会・現地研究者と交流

2)ウガンダ全域の農村を訪ねるフィールドワーク

Uganda

Uganda2

 

 

 

 

 

■ セミナー発表

セミナー名: NCPAG@65 Research Colloquium

場所: National College of Public Administration and Governance (NCPAG), the University of the Philippines, Diliman

日時: 2016年8月30日, 1:30-5:00pm

発表者:

-Masaru Nagashima(GRIPS PhD Cand.), “Effects of Female Education on BRIDEPRICE: a regression continuity analysis using universal primary education in Uganda”

-Francisco Mugizi(GRIPS PhD Cand.), “An Empirical analysis of the drivers and impact of SOIL FERTILITY on Rural Household’s Welfare: a comparative study of East African countries”

-Rayner Tabetando(GRIPS PhD Cand.), “MOBILE MONEY, educational investment and school choice: Panel evidence from rural Uganda”

言語:英語

NCPAG@65 Seminar

NCPAG@65 Seminar

 

 

 

 

 

■ 外国人研究者招聘(共同研究)

外国人研究者招聘(共同研究及び若手研究者の会・IRRIセミナー発表)

招聘研究者: Dr. Francis Mwesigye(Research Fellow , Makerere University)

受入担当教員: 木島陽子准教授, GRIPS

共同研究課題: Introduction of new cash crop and change in land tenure system

受入期間: 2016年8月16日 ~ 2016年9月14日

若手研究者の会発表: Do Public-Private Partnerships in Education Improve Quality? Evidence from Ark-PEAS Secondary Education program in Uganda.

日時場所: 2016年8月17日, GRIPS

IRRIセミナー発表: Empirical Studies on Low Land Rice Farming in Uganda

日時場所: 2016年9月16日, IRRI – International Rice Research Institute(Manila, the Philippines)

 

外国人研究者招聘(共同研究)

期間:  2016年7月7日~8月6日

場所: GRIPS

招聘研究者:  Elyzabeth Flores Cureg, EnP, University Researcher, University of the Philippines Diliman

共同研究課題:  Transformation of rural economies in Asia and Africa(アジア及びアフリカ地域経済の変化)

受入担当教員: Prof. Jonna P Estudillo, GRIPS

 

■ ワークショップ開催

タイトル:State and Surveillance – Comparative Colonial State Formation in Southeast Asia

日時:2016年8月10日 9:00-17:00

場所:GRIPS、3G

発表者:

-Dr. Merce Planta(University of the Philippines)”Infant Mortality and the Discourse of Independence in the Colonial Philippines, 1900-1935”

-Dr. Atsuko Naono(Oxford University)”Surveillance without Awareness: the Reporting of Vital Statistics in Colonial Burma, 1900-1923”

-Dr. Tomokazu Okada(Osaka University)”Public Health in Colonial State of French Indochina”

-Dr. Takeshi Onimaru(Kyushu University)”Surveillance and the Colonial State –  State Surveillance in Colonial Singapore from the late 19th century to the early 20th century”

-Dr. Noriyuki Osada(IDE-JETRO)”Who is “Non-Burman”?: Territorial Categorization of British Subjects in the Expulsion Policy of Colonial Burma”

-Prof. Takashi Shiraishi(GRIPS)”POLICING THE PHANTOM UNDERGROUND”

・使用言語: 英語

 

■ 学会発表

学会名:NOVAFRICA Conference on Economic Development in Africa

場所:ヌエバ・デ・リスボン大学(ポルトガル)

日時:2016年7月14日から7月15日

報告者:樋口裕城(名古屋市立大学)

タイトル:Short- and Longer-Run Impacts of Management Training: An Experiment in Tanzania

討論者:Armando J. Garcia Pires

使用言語:英語

 

■ 講演会開催

日時: 2016年6月29日(水) 16:00 – 18:00

場所: 政策研究大学院大学 研究会室4A

講演者:  Vicente L. Rafael教授(米国ワシントン大学)

タイトル: 「Amidst Three Empires: The Philippines Under Spain, the United States and Japan, 1565-1945」

使用言語: 英語