概要

GISTについて

平成24年1月、政策研究大学院大学は、文部科学省「科学技術イノベーション政策における『政策のための科学』 」基盤的研究・人材育成拠点整備事業において、拠点間連携に主導的な役割を担う総合拠点として採択されました。これを受けて、本学は「GRIPS科学技術イノベーション政策プログラム(GRIPS Innovation, Science and Technology Policy Program: GIST)」を設立いたしました。
GISTでは、多様な学問分野の知見を統合して、社会的課題を的確に捉える能力を有し、科学的なアプローチを用いて、科学技術イノベーション政策の企画・立案、評価、修正を行うことができる人材を育成するため、博士課程、修士課程、短期研修等を含む、総合的な教育プログラムを提供します。また、文部科学省科学技術政策研究所(NISTEP)、独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センター(JST-CRDS)といった、我が国における科学技術イノベーション政策研究の代表的機関と連携しつつ、「政策のための科学」における研究・教育を推進していきます。

「科学技術イノベーション政策における『政策のための科学』」総合拠点

基盤的研究・人材育成拠点事業について

文部科学省「科学技術イノベーション政策における『政策のための科学』」(Science for Redesigning of Science, Technology and Innovation Policy: SciREX) 基盤的研究・人材育成拠点整備事業は、「拠点に選定された大学において、客観的根拠に基づく政策形成を行う高度専門人材や、「政策のための科学」という新たな研究領域の発展の担い手となる研究者等を育成すべく、『科学技術イノベーション政策のための科学」に関する国際的な水準の研究・人材育成を行う」(SciREX事業ホームページより引用)ものであり、「拠点においては人文社会科学や自然科学の枠を超えた学際的な人材育成プログラムが学生に対して提供されるとともに、我が国全体で体系的な人材育成が可能となるよう、有機的な拠点間連携を行う仕組みを構築」することとなっています(同上)。
本学は、総合拠点として、科学技術イノベーション政策の企画立案・実施等においてリーダーシップを発揮できる人材の育成や同分野の政策研究を担う人材の育成だけでなく、SciREXの他のプログラムを担う機関と協力しつつ、4つの領域開拓拠点との連携を、主導的役割を担いつつ進めることで、「科学技術イノベーション政策のための科学」の発展と人材育成に貢献します。

SciREX 領域開拓拠点

拠点間共同プログラムについて

サマーキャンプ
SciREX人材育成拠点の教員や学生が一同に参集し、討論やワークショップを通じて、相互に交流するとともに、学生同士のネットワークを作る機会を提供します。
国際シンポジウム
SciREX拠点校が共同で国際シンポジウムを開催し、国内外の関係機関の活動に関する情報共有を行うとともに、人的ネットワークの拡大の場とします。
政策構想ワークショップ
現役の行政官・政治家・企業家等を交えたディスカッションを行うことで、研究成果の実社会への応用と社会のニーズ吸収を図るとともに、ネットワークの形成を行います。
拠点間での教員・学生の交流の促進
SciREX拠点間での教員・学生の交流を通じて、それぞれの拠点でのリソースを有効に活用するとともに、相互のネットワークを強化します。また必要があれば、拠点間での覚書等に基づき、履修科目の相互認証等を進めます。
研究成果発信センター
SciREX基盤的研究・人材育成拠点整備事業のポータルサイト(平成24年度内完成予定)を通じて、各拠点における研究・教育の成果や関連情報を広く発信します。
インターンシップ
SciREX拠点に所属する学生が、社会的課題の解決や政策形成の実践の場に実際に参画できる機会を提供します。
「科学技術イノベーション政策のための科学」に関する出版物の編纂
SciREX各拠点関係者が共同で、「科学技術イノベーション政策のための科学」の成果の普及を図るために、これまでの研究の蓄積を整理しつつ、現在直面する諸課題の解決に向けた最新の知見を提供することを目的とした書籍を編纂・出版します。
ページトップ RSS

当サイト内の署名記事は、執筆者個人の責任で発表するものであり、政策研究大学院大学としての見解を示すものではありません。また、当サイトのコンテンツを転載される場合は事前にご連絡下さい。