教育プログラム

教育プログラムの概要

目的

新産業の創出のみならず、雇用の確保、生活の質の向上、環境問題などの様々な経済的、社会的問題の解決にむけて、科学技術イノベーションに対して大きな期待が寄せられており、またそれを促進する政策に対する期待も大きなものがあります。このような観点から、現在、各国の政府は、効果的な科学技術イノベーション政策の立案、デザインを求めて、知恵を絞っています。
このような背景のもと、本プログラムでは、科学的なアプローチを用い、科学技術イノベーション政策の企画・立案、遂行、評価、修正を行うことのできる人材の育成を目指します。特に、このような人材に求められる高度の政策分析能力と企画力、そのために必要となる複数のディシプリンの習得、社会科学諸分野における研究能力、高等教育での教授能力、高度の外国語能力を身につけた、行政官、実務者、研究者等を養成することを目指しています。
教授陣には、国内外の優れた科学技術イノベーション政策研究の専門家を揃え、より実践的な教育を行うため、科学技術イノベーション政策の第一線で活躍する実務家を客員教員として迎えています。また、優れた研究者や実務者を招いた研究会、講演会も開催しています。
また、博士課程では、欧米・アジアの研究・教育機関との覚書(MOU)の締結を通じて、ABD(All But Dissertation: 博士論文提出資格保持者)ステータスの学生の受入・派遣を行い、在外研究及び各国からの滞在研究者・学生との交流を通じて相互に刺激を得るとともに、国際的な視野を身につける機会を提供します。

教育目標

科学的なアプローチに基づく政策研究能力を養います
  • 先行研究のレビュー、理論に基づく仮説の構築
  • 客観的事実やデータによる仮説検証
  • 分析結果に基づく含意の考察
科学技術イノベーション政策の企画・立案、遂行、評価、修正を行う能力を養います
  • 過去の様々な内外の政策及び政府の介入とその効果に対する知識
  • 科学研究やイノベーションのプロセスそのものに対する理解
  • 現実的な政策の形成プロセスに関する理解と企画の能力
  • 海外の関係者・機関との議論・交渉の能力

想定される対象となる学生

  • 中央省庁の行政官、立法府の政策スタッフ(国会、政党、議員スタッフ等)
  • 地方公共団体の行政官
  • イノベーションを通じた経済成長や開発、技術移転等と密接に関わる国際機関の幹部職員
  • ファンディング機関のプログラム・オフィサー
  • 国や地方の政策形成に関わるシンクタンク職員
  • 企業戦略の企画立案に関わる経営幹部及び候補者
  • 本分野の研究と次世代の教育を担う研究・教育職の志望者、など

博士課程プログラム

  • 学位:博士(政策研究)、Doctor of Policy Studies 、
    または博士(公共政策分析)、Ph.D. in Public Policy
  • 使用言語:日本語 / 英語
  • 修了までの(標準的な)年数:3年
    (1年間フルタイム+2年間パートタイム就学)
  • 修了要件:14単位以上取得及び博士論文
  • 入学時期:4月、10月
  • 修了の時期:3月、9月
詳細を見る

修士課程プログラム

  • 学位:修士(公共政策)、Master of Public Policy
  • 使用言語:日本語 / 英語
  • 修了までの年数:1年6ヶ月
    (1年間フルタイム+6ヶ月間パートタイム就学)
  • 修了要件:30単位以上取得
    及びポリシー・リサーチ・ペーパー
  • 入学時期:4月、10月
  • 修了の時期:3月、9月
詳細を見る

短期研修プログラム

中央省庁、地方公共団体等の行政官、研究開発法人等の実務者等を対象として、科学技術イノベーション政策及び政策研究における最先端の課題や研究知見、分析手法等を学ぶことができる研修プログラムを提供します。(実施時期、プログラム内容、申込方法等については確定次第公表いたします)

ページトップ RSS

当サイト内の署名記事は、執筆者個人の責任で発表するものであり、政策研究大学院大学としての見解を示すものではありません。また、当サイトのコンテンツを転載される場合は事前にご連絡下さい。