イベント

ワークショップ

OECD グローバルサイエンスフォーラム(GSF) 「科学的助言の質の確保と科学者の役割及び責任に関するワークショップ」

  • 日時:2013年10月22日(火) 14:00〜18:00
  • 場所:政策研究大学院大学 1階 想海楼ホール (東京都港区六本木7-22-1)
    アクセス
  • 共催:経済協力開発機構(OECD)、文部科学省、政策研究大学院大学、科学技術振興機構研究開発戦略センター(JST-CRDS)
  • 後援(申請中):内閣府、日本学術会議
  • 言語:日本語・英語(同時通訳あり)
  • 参加費:無料(事前登録制)

概要

 近年、政策形成の過程において科学的助言が果たすべき役割に対する関心が世界的に高まっています。各国の政府は、環境・エネルギー政策、保健医療政策をはじめとする幅広い政策分野で複雑化・高度化した多くの政策課題に直面しており、それらの政策課題への対応にあたり、科学的助言の効果的な活用がますます不可欠になっています。
  OECDグローバル・サイエンス・フォーラム(GSF)では、現在、科学的助言のあり方や科学者の責任に関わる国際的な検討をすすめており、この活動の一環として国際ワークショップを10月22日に開催します。本国際ワークショップでは、GSFにおける検討の今後の方向性について議論するとともに、国際的な議論を通じて科学的助言のあり方に関する相互理解を深め、また我が国の国内においても世界のこうした動きについて認識を広めるため、国内外からの関係者の方々にご講演いただく予定です。

プログラム

総合司会:岡山純子 JST-CRDS

時間 セッション
14:00-14:30
主催者挨拶
永野 博 経済協力開発機構(OECD) Global Science Forum議長
土屋 定之 文部科学省科学技術・学術政策局長
開催趣旨説明
有本 建男 政策研究大学院大学教授
Dr. Jan Wessels VDI/VDE Innovation + Technik GmbH(ドイツ)
14:30-16:10
基調講演
グローバルな視点からの科学的助言
Prof. Marcia McNutt, Editor-in-Chief, Science(CV)
発表資料(7MB) ※ファイルサイズが大きいため2スライド1ページとしています。
Prof. James Wilsdon, Professor, SPRU, University of Sussex(CV)
発表資料(2.8MB)
日本における科学的助言の強化
原山 優子 内閣府総合科学技術会議議員(CV
発表資料(0.5MB)
大西 隆 日本学術会議会長(CV
発表資料(0.2MB)
16:10-16:30
休 憩
16:30-17:55
ディスカッション
パネリスト
Prof. Marcia McNutt Editor-in-Chief, Science
Prof. James Wilsdon, Professor, SPRU, University of Sussex
原山 優子 総合科学技術会議議員
大西 隆 日本学術会議会長
コメント・パネリスト
吉川 弘之 JST-CRDSセンター長
モデレーター
有本 建男 政策研究大学院大学教授
17:55-18:00
閉会挨拶
吉川 弘之 JST-CRDSセンター長

参加申し込み

参加をご希望の方は、10月20日(日)までに、登録フォームからお申込ください。 登録フォームからお申込いただけない場合は、下記内容を明記の上、gist-mlgrips.ac.jp宛てにメールにてお申し込みください。
1) お名前、 2) ご所属、3) お役職、 4) E-mailアドレス

関連リンク

ページトップ RSS

当サイト内の署名記事は、執筆者個人の責任で発表するものであり、政策研究大学院大学としての見解を示すものではありません。また、当サイトのコンテンツを転載される場合は事前にご連絡下さい。