Honda-JMA-GRIPS 1Day Intensive Workshop

本学と一般社団法人日本能率協会(以下、「JMA」)が共同で、「Honda―JMA―GRIPS 1Day Intensive Workshop」を実施しました。この研修は本田技研工業株式会社(以下、「Honda」)二輪事業本部の社員の方々と本学の修士及び博士課程に所属する留学生が、JMA専門家のコーディネートにより丸1日の討議と交流を通して互いに学び合うことを目的とした研修です。

プログラムでは、Honda社員の方々が自社の経営理念や人材育成に関するプレゼンテーション及び留学生との討議を行い、多様な価値観に触れ、コア・コンピタンスの再構築を行うことがねらいの一つとなりました。一方、学生たちは、日本型経営や商習慣に対する関心、Honda社員との交流に対する期待感が非常に高く今回公募による多数の希望者の中から9ヶ国9名の学生が参加者として選ばれました。本学の学生の多くは、各国の政府機関から派遣されたミッドキャリアの行政官や研究者です。そのため討議では、一消費者としての視点に留まらず、学生の専門や出身国の情勢、職務経験などの観点から、日本のグローバルカンパニーに対する率直な意見・質問が飛び、闊達な議論が一日中展開されました。