GRIPS 日本語教育指導者育成/日本言語文化研究プログラム

日本言語文化研究会 活動報告

政策研究大学院大学 ・ 国際交流基金日本語国際センター ・ 国立国語研究所
日本言語文化研究会(第13回)の報告

 国際交流基金日本語国際センター政策研究大学院大学国立国語研究所の3機関連携による、海外日本語教師のための修士課程「日本語教育指導者養成プログラム」の第7期生8名が、2008年9月に無事全課程を修了しました。

 このたび、 「日本言語文化研究会(第13回)を開催し、この修士課程7期生 及び博士課程「日本言語文化研究プログラム」4期生が、これまで取り組んだ各自の研究成果を発表しました。当日は、多数の日本語教育関係者が参加し、有意義な情報や意見の交換が行われました。

 

日   時2008年9月6日(土)10:00~15:15
会   場国立国語研究所 2階 講堂
プログラム10:00~10:10挨拶、趣旨説明
10:10~10:35「タイ高等教育機関の日本語専攻カリキュラム開発に関する研究
―プリンス・オブ・ソンクラー大学を例に―」
エックアリヤスィリ・エックナリン(タイ、プリンス・オブ・ソングラー大学)
10:35~11:00「ベトナム中南部の中学校日本語教師の意識と教室活動の実態
―コミュニケーション能力養成を目指して―」
グェン・ホン・トゥー(ベトナム、ホーチミン市師範大学)
11:00~11:25「ドイツの成人学習者向け初級日本語コースにおける語彙学習―復習練習を取り入れる試み―」
ドゥツス・カタリーナ(ドイツ、ケルン日本文化会館)
11:25~11:50「日本語学習者のドラマ視聴に関する調査研究-深圳職業技術学院を例に―」
徐 軍(ジョ・グン)(中国、深圳職業技術学院応用外国語学院)
11:50~13:00休憩(昼食)
13:00~13:25「ピア学習による仮説検証型聴解授業の試み―カザフ民族大学を例に―」
ショリナ・ダリヤグル(カザフスタン、アル・ファラビ名称カザフ民族大学)
13:25~13:50「「モニター」ストラテジー指導を初級聴解授業に取り入れる試み―「質問」の活動を通して―」
王 璐(オウ・ロ)(中国、中国医科大学)
13:50~14:15「要約力養成に向けた内容理解のタスク導入―中級レベルのベトナム人学生を対象に―」
ブー・ティ・フォン・チャム(ベトナム、ハノイ国家大学外国語大学)
14:15~14:40「韓国の高校における作文授業の現状と改善案
―済州外国語高等学校でのピア推敲活動を通して―」
李 英淑(イ・ヨン・スク)(韓国、済州高等学校)
14:40~15:05「外国語の存在意義について考える
―外国語政策と外国語教育政策の違いに焦点をあてながら―」
パンダ・ナビン・クマール(インド、デリー大学)
15:05~15:15閉会の挨拶