GRIPS 日本語教育指導者育成/日本言語文化研究プログラム

日本言語文化研究会 活動報告

政策研究大学院大学 ・ 国際交流基金日本語国際センター ・ 国立国語研究所
日本言語文化研究会(第15回)の報告

 国際交流基金日本語国際センター政策研究大学院大学国立国語研究所の3機関連携による、海外日本語教師のための修士課程「日本語教育指導者養成プログラム」の第8期生6名が、2009年9月に無事全課程を修了しました。

 このたび、 「日本言語文化研究会(第15回)を開催し、この修士課程8期生及び博士課程「日本言語文化研究プログラム」に在籍する2名の学生が、これまで取り組んだ各自の研究成果を発表しました。当日は、多数の日本語教育関係者が参加し、有意義な情報や意見の交換が行われました。

 

日   時2009年9月5日(土)10:00~15:00
会   場政策研究大学院大学 講義室L
プログラム10:00~10:10挨拶、趣旨説明
10:10~10:35「中国遼寧省阜新蒙古族地域における中等教育日本語教師研修の試み」
包 華(中国)
10:35~11:00「話せるようになる授業への改善の試み
-ペルー日系人協会日本語語学センターの初級コースを例に-」
ラミレス・ハラ・ホセ・アントニオ(ペルー)
11:00~11:25「韓国の一般系高校の日本語授業における「文化理解教育」の提案
-学習者主体の教室活動に向けて-」
李 垠叔(韓国)
11:25~11:50「ドラマ・プロジェクトワークにおけるシナリオについての話し合い活動の試み
-初級日本語学習者の日本語理解を目指して-」
パルマ・ヒル,フロリンダ・アンパロ(フィリピン)
11:50~13:00休憩(昼食)
13:00~13:25「聴解授業における推測ストラテジー指導の試み-「声のクローズ」の活動を通して」
杜 艶(中国)
13:25~13:50「即興スピーチにおけるピア活動の影響-ハノイ大学の話す授業の改善を目指して-」
グエン,ソン・ラン・アイン(ベトナム)
13:50~14:20「学習者同士のインタラクションがL2学習に果たす役割-社会文化理論の観点から」
王 文賢(中国)
14:20~14:50「第2言語習得における暗示的知識と明示的知識の位置づけとその測定」
張 文麗(中国)
14:50~15:00閉会の挨拶

 

日本言語文化研究プログラム 第15回 研究会の様子1 日本言語文化研究プログラム 第15回 研究会の様子2
日本言語文化研究プログラム 第15回 研究会の様子3