GRIPS 日本語教育指導者育成/日本言語文化研究プログラム

プログラム

プログラム概要

海外における日本語・日本文化への関心や日本語学習熱の高まりから、世界各国の日本語教育界において優れた指導者の確保、養成が急務となっています。本プログラムは、現職の外国人日本語教師または日本語指導経験者を対象とし、自国の日本語教育を牽引するリーダーとなるべき人材の養成を目指した修士・博士課程のプログラムです。政策研究大学院大学と、日本語・日本文化関連の教育・研修・研究に実績を持つ国際交流基金日本語国際センターおよび国立国語研究所が連携し、2001年10月に開設されました。現在は、政策研究大学院大学と国際交流基金日本語国際センターの連携によって運営されています。

 

修士課程の「日本語教育指導者養成プログラム」は、日本文化に関する幅広い知識と教養を備え、かつ、日本語教授に関して高い専門能力を有する人材の育成を目的としており、1年間で修士の学位が授与されます。カリキュラムは、機関の協力連携のもと、日本語学、日本語教授法、第二言語習得、日本文化、異文化コミュニケーションなど、幅広い授業科目から編成されています。さらに、出身国での調査研究などを通して、その成果を特別課題研究報告としてまとめることになっています。