GRIPS 日本語教育指導者育成/日本言語文化研究プログラム

修士課程

学生・修了生

出身国/年度別修了生一覧 修了生の声

 

 

修了生の声

 

日本言語文化研究プログラム(第5期生)卒業  Ulambayar Tsetsegdulam

日本語教育指導者養成プログラム第4期生

モンゴル国立科学技術大学言語教育学部日本語学科

separator

修士課程の「修了生の声」として掲載しています。こちらをご確認ください。

 

日本言語文化研究プログラム(第1期生)卒業  冷 麗敏

中国北京師範大学

separator

 中国北京師範大学の冷麗敏です。日本言語文化研究プログラム博士課程第一期生です。2003年、博士課程に入学し、2007年卒業しました。

修了生写真

 2001年に中国の国家基礎教育(中等教育)改革にかかわる中で、次のような問題意識が生じていました。新しい教育理念としての「学習者主体性を重視する」ことが、実際に教育現場では如何にして実現できるのか。この問題意識が後の博士課程で行った研究の動機となったわけです。このように中国の日本語教育が直面する現実的な課題をかかえて本プログラムに入りました。

 私にとっては、本プログラムの第一期生として学んでいたことが光栄であり、人生の財産でもあります。博士論文の完成に至ったのは、指導教官の先生方をはじめ、三機関連携という体制の中で皆様に心強く、暖かく見守られたお陰だからと思っております。

 現在、本務のある北京師範大学で引き続き教鞭をとっておりますが、博士論文の研究課題で得られた成果を中国の日本語教育現場に還元するよう頑張っております。

 今後、中国の日本語教育の更なる発展のために自分に何ができるのかを考えつつ、このプログラムで学んだことを活かし、更に頑張っていきたい所存であります。

 

近況:2009年11月 北京師範大学で日本語教育教学研究所を立ち上げ、そして研究所成立記念に国際シンポジウムを主催いたしました。2012年5月日本語教育学会上海分会開催「日本語教育大会」、また同年12月中国日本語教育研究会主催「全国日本語教育大会」の両大会では分科会座長をつとめました。2013年3月には、中国大学教師訪日研修フォローアップ研修に出講し、5月に日本語教育学会上海分会主催「日本語教育大会」へ参加いたしました。今後は「第一回中国教師教育大会」(仮題)の主催、及び北京師範大学日本語教育教学研究所第3回日本語教育国際シンポジウムの開催を予定しております。