English page (under construction)


土谷 隆
ホームページ



論文等リスト

[新型コロナウイルス感染症関係]

NEW:ここより, 下の図を含む,最新の推計・予測のフルバージョン(9/24付け(ページ左下の日付))がダウンロード可能です.
本格的にワクチン接種の効果を入れた計算をまず東京について行いました(大阪はまだ前回のままです).9月30日までは現状陽性者数が順調に減り続ける可能性が高く,そうであれば,減り続けている状況で 緊急事態宣言を解除するのは得策ではありません.10月15日まで緊急事態宣言を延長してから解除する方が,効果がずっと大きくなります. 大阪も同様10月15日まで延長した方がよいと思います.

NEW: 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会特別講演「新型コロナウイルス感染症とオペレーションズ・リサーチ」(2021年3月2日)がYoutube で公開されました. こちらから視聴できます. スライドはこちらです.

NEW:論文「新型コロナウイルス感染症の広がりに関する一考察」の改訂版が日本オペレーションズ・リサーチ学会機関紙であるオペレーションズ・リサーチ2月号に査読付き論文として掲載されました. こちらからダウンロード可能です.もしよろしければこちらも,こちらもご覧いただければ幸いです.) 元バージョンは 新型コロナウイルス感染症の広がりに関する一考察 (GRIPSディスカッションペーパー20-4) (2020/06/08) です (タイトルをクリックしてダウンロードいただけます).




図:新規要請者数は順調に減少しつつある.年末の行動制限を避けるためにも10月15日まで緊急事態宣言を延長すべきである.


図:新規要請者数は順調に減少しつつある.年末の行動制限を避けるためにも10月15日まで緊急事態宣言を延長すべきである.

過去に公開してきた予測(最新版は上からダウンロードできます.)

予測 (2021/09/17) 幸い,順調に新規感染者数が下がってきています.このチャンスに短期間10月15日まで休校等も含むさらに強い対策を打って,一旦感染者数を100人前後まで減少させ,ベースラインを下げて,その後は緩和して,あとはワクチンの効果を見極めつつ,サーキットブレーカー式にコントロールするべきです.これが年末の行動制限を避けるための最良の戦略と考えます. 大阪も同様の対策が必要です.

予測 (2021/09/06) オリンピック・パラリンピックが終了したので予測を更新しました.ここで 強い対策を打って,一旦感染者数を減少させ,ベースラインを下げて,あとはワクチンの効果を見極めつつ,サーキットブレーカー式にコントロールするべきです. 大阪も同様の対策が必要です.

予測 (2021/08/15) オリンピックを強行した結果,東京では感染爆発が現実となりましたが,終了したので予測を更新しました. 前回は一日一万人に届くという勢いでしたが少し増加のペースは落ちています. 都市封鎖を行い,一旦感染者数を減少させ,ベースラインを下げて,あとはサーキットブレーカー式にコントロールするべきです. 大阪も新規感染者数が激増し収束の様子がみえません.同様の対策が必要です.

予測 (2021/07/31) オリンピックを強行した結果,東京では感染爆発が現実となったため,予測を更新しました.たとえ不興を買おうとも, 感染拡大封じ込めの政治の強い意思を示すべく,まずはオリンピックを中止して,そのことによって国民に強力なメッセージを発出すべきです. そして直ちに都市封鎖を行わない限り,8月中に一日の新規感染者数が一万人を超えるのは確実でその時なにが起こるか想像もできません. 大阪も新規感染者数が激増し,重症者数も増加しているため,直ちに手を打った方が良いと思います.

予測 (2021/07/22) オリンピックが強行されるにあたり,予測を更新しました.先日発令された緊急事態宣言の効果は見えておりません.政府・東京都は オリンピックを強行する一方で国民に自粛を求めることの説得力の無さ,矛盾に気がつくべきでした.残念ながら新規感染者数は ほぼ予測通り推移し増大しております.緊急事態宣言の効果がほとんど見られないことを考慮して予測を更新しました.まったく予断を許さない展開です. 重症者数の予測も追加しました.大阪は新規感染者数が増加する一方で,重症者数はまだ増加のフェーズには入っておらず,予測を下回っています. もしかするとワクチンの効果なのかもしれませんが,あと2−3週間様子を見ないと何ともいえません.

予測 (2021/07/8) 7月12日に緊急事態宣言を行った場合を想定しました.緊急事態宣言を行ったとしても,前回程度のものであれば, 7月23日のオリンピック開催時には開会式が行われている一方で,2000人を超える新規感染者が発生する状況が起こり,しかもそれがオリンピック期間中にさらに増加する可能性が高いです.繰り返し訴えます. オリンピック・パラリンピックは即時中止すべきです.平和とスポーツの祭典が国民の健康と命を奪うのです.皮肉な話です. 開催は命にかかわりますが中止が命にかかわるわけではありません.重たい決断ではあるにせよ,中止を決断すれば良いだけの話です. そこから後始末をすれば良いだけの話です.

予測 (2021/07/3) 7月5日に緊急事態宣言を行った場合を想定しました.緊急事態宣言を行ったとしても,前回程度のものであれば, 7月23日のオリンピック開催時には開会式が行われている一方で,2000人を超える新規感染者が発生する状況が起こり,しかもそれがオリンピック期間中にさらに増加する可能性が高いです.繰り返し訴えます. オリンピック・パラリンピックは即時中止すべきです.平和とスポーツの祭典が国民の健康と命を奪うのです.皮肉な話です. 開催は命にかかわりますが中止が命にかかわるわけではありません.重たい決断ではあるにせよ,中止を決断すれば良いだけの話です. そこから後始末をすれば良いだけの話です.

予測 (2021/06/25) 前回の更新から2日しか経っておりませんが,東京新規感染者数の予測値(6/30: 683人, 7/10: 1205人, 7/23: 2271人)をグラフに追加しました.それ以外は6月23日のものと変更はありません. 発症者数のデータ等も解析すると,実線の予測に沿う形での増大が起きています.このまま推移すると 7月23日のオリンピック開催時には開会式が行われている一方で,2000人を超える新規感染者が発生する状況が起こり,しかもそれがオリンピック期間中にさらに劇増します.繰り返し訴えます. オリンピック・パラリンピックは即時中止すべきです.開催は命にかかわりますが中止が命にかかわるわけではありません.重たい決断であるとしても,決断すれば良いだけの話です. そこから後始末をすれば良いだけの話です.

予測 (2021/06/23) 感染の急速な再拡大が起こりつつあることが判明したので,東京の予測を更新しました.危機的状況です,ワクチンも十分に行き渡っておらず(そもそも効果もはっきりとはわからない), 変異株のこともあり,第3波の再現のような,あるいはそれ以上の悲惨な状況がオリンピックと同時に起こりえることは,危機管理的には当然想定すべきで,したがって,残念ながら, オリンピック・パラリンピックは中止・延期をすべきです.

予測 (2021/06/14) 東京のデータを更新しました.下げ止まりの兆候が顕著になっており,ワクチンも十分に行き渡っておらず(そもそも効果もはっきりとはわからない), 変異株のこともあり,第3波の再現のような,この図のようなことが起こりえることは,危機管理的には当然想定すべきで,したがって,残念ながら, オリンピック・パラリンピックは中止・延期をすべきと思います. 緊急事態宣言中は,皆で力を合わせ最善を尽くす時です.行動規制は一致してやらないと 効果が激減することは,ささやかながら数理モデルからわかることです(こちらをごらん下さい).減少傾向を維持できるように,厳しく頑張りましょう!

予測 (2021/05/28) 下げ止まりの兆候が顕著になったため,オリンピック・パラリンピック期間中までの東京の予測を更新しました.ワクチンも十分に行き渡っておらず(そもそも効果もはっきりとはわからない), 変異株のこともあり,この図のAのようなことが起こりえることは,危機管理的には当然想定すべきで,したがって,残念ながら, オリンピック・パラリンピックは中止・延期をすべきと思います. 緊急事態宣言中は,皆で力を合わせ最善を尽くす時です.行動規制は一致してやらないと 効果が激減することは,ささやかながら数理モデルからわかることです (こちらをごらん下さい).減少傾向を維持できるように,厳しく頑張りましょう!

予測 (2021/05/24) オリンピック・パラリンピック期間中までの予測を作成しました.ワクチンも十分に行き渡っておらず(そもそも効果もはっきりとはわからない), 変異株のこともあり,この図のようなことが起こりえることは,危機管理的には当然想定すべきで,したがって,残念ながら, オリンピック・パラリンピックは中止・延期をすべきと思います. 緊急事態宣言中は,皆で力を合わせ最善を尽くす時です.行動規制は一致してやらないと 効果が激減することは,ささやかながら数理モデルからわかることです (こちらをごらん下さい).減少傾向を維持できるように,厳しく頑張りましょう!

予測 (2021/05/24) データのみ更新しました.グラフに予測曲線作成日を入れました.東京の予測曲線は6月に入ると下げ止まりが起こる可能性が高いことをグラフ下のコメントに書きました. 緊急事態宣言中は,皆で力を合わせ最善を尽くす時です.行動規制は一致してやらないと 効果が激減することは,ささやかながら数理モデルからわかることです (こちらをごらん下さい).まったく予断を許しませんが,東京が辛くも激増せずに何とか持ちこたえているのは,明らかに緊急事態宣言を 早めに行ったからです(もちろん,もっと早くやればよかったとは思いますが).厳しく頑張りましょう!

予測 (2021/05/15) 昨日(5月14日)に引き続きの更新となりますが,5月1日のまま固定していた東京の予測を見直して更新しました.データも1日分更新しています.大阪はデータも予測も一切変更していません.緊急事態宣言延長になりましたが,皆で力を合わせ最善を尽くす時です.行動規制は一致してやらないと 効果が激減することは,ささやかながら数理モデルからわかることです (こちらをごらん下さい).まったく予断を許しませんが,東京が辛くも激増せずに何とか持ちこたえているのは,明らかに緊急事態宣言を 早めに行ったからです(もちろん,もっと早くやればよかったとは思いますが).厳しく頑張りましょう!

予測 (2021/05/14) データのみを更新しました.東京,大阪ともに予測は変わっておりません.緊急事態宣言延長になりましたが,皆で力を合わせ最善を尽くす時です.行動規制は一致してやらないと 効果が激減することは,ささやかながら数理モデルからわかることです (こちらをごらん下さい).まったく予断を許しませんが,東京が辛くも激増せずに何とか持ちこたえているのは,明らかに緊急事態宣言を 早めに行ったからです(もちろん,もっと早くやればよかったとは思いますが).厳しく頑張りましょう!

予測 (2021/05/10) 緊急事態宣言は延長になりましたが,当初の期間が終わるにあたり,予測を更新しました.東京の予測については,5/1に(a)緊急事態宣言以前に変異株の流入が本格的に始まっている場合, (b) 変異株の流入が本格化する前に緊急事態宣言に入った場合,の2つの予測を作成しましたが, 今のところ(b)に近い形で推移しているようなので,そちらのみを残してあります. 大阪は緊急事態宣言の効果が出ているのか減少傾向が予測よりも早くなっているので予測を更新しました.延長になりましたが,皆で力を合わせ最善を尽くす時です.厳しく頑張りましょう!

予測 (2021/05/01) 前回29日に出してから間もない更新ですが,その後の推移から東京の予測を見直して下方修正しました.変異株が本格的に流入してきている想定とまだ流入初期の段階の想定 で予測してあります. 大阪はほぼ予測通り推移しているのでそのままです.短い期間で終わらせるために,皆で力を合わせ最善を尽くす時です.厳しく短く頑張りましょう!

予測 (2021/04/29) 緊急事態宣言が4月25日に発令されましたが,東京で急増する可能性があるので,予測を見直しました.大阪はほぼ予測通り推移しているのでそのままです.

予測 (2021/04/23) いよいよ緊急事態宣言が4月25日に発令されるにあたり,東京と大阪の緊急事態宣言をした場合の予測を更新しました.短い期間で終わらせるために,皆で力を合わせ最善を尽くす時です.厳しく短く頑張りましょう!

予測 (2021/04/20) 大阪の緊急事態宣言をした場合と現状のままの予測データを更新しました.東京もデータのみ更新しました(4/12日に緊急事態宣言をした場合の予測については除いてあります).

予測 (2021/04/15) 東京も急増の予兆があり,先行きが極めて懸念されるので,データのみ更新しました.大阪の重症者数のデータを更新しました.予測曲線は4月8日のままです.新規感染者数のデータも更新しました.予測曲線は4月1日のものと同じです.

予測 (2021/04/09) 大阪の状況が強く懸念されるところですが,東京も大阪と同様の状況が起こりうるので,東京の予測を更新しました.大阪の重症者数の予測を更新しました.新規感染者数の予測はデータのみ更新,予測曲線は4月1日のものと同じです.

予測 (2021/04/01) 大阪の状況が強く懸念されるので,久しぶりに大阪の新規感染者数の予測と重症者数の予測をコメントをつけて掲載しました.東京の予測は3月23日のままでデータも含め何も更新していません.

予測 (2021/03/23) リバウンドがはじまっていることがデータから明白となったので,予測を更新しました.

予測 (2021/03/13) リバウンドがはじまっていることがデータから明白となったので,予測を更新しました.

予測 (2021/03/05) 緊急事態宣言が延長される可能性が高いので,3月21日までの延長を前提として今後について2つのパターンを示しました. 政府・東京都の強い介入が求められています.実効再生産数が上がりかけている現在の状態で介入するのはより困難になるので, 実効再生産数が順調に下がりつつあった2月の上旬に追加の介入をするべきでした.

予測 (2021/2/20) 残念ながら下げ止まってきています.今後について2つのパターンを示しました.政府・東京都の積極的な介入が求められています.

予測 (2021/2/10) ゴールデンウイークまで3つのパターンを想定して予測を更新しました.2月に十分に減らすことの重要性をお分かりいただけるとありがたいです.東京のみのデータを掲載しています.全国で医療崩壊が進行中です

予測 (2021/1/26) 予測を更新しました.東京のみのデータを掲載しています.今回は重症者数予測は掲載しておりません.

予測 (2021/1/21) 緊急事態宣言の影響を想定した予測を行いました.東京のみのデータを掲載しています.

予測 (2021/1/12) 緊急事態宣言の影響を想定した予測を行いました.東京のみのデータを掲載しています.感染爆発が起こっています.

予測 (2021/1/7) 東京のみのデータを掲載しています.感染爆発が起こっています.

予測 (2021/1/2) 東京の大台超えを反映して,より厳しい予測を追加しました.他のデータは更新していません. コメントも更新しました.

予測 (2020/12/28) 東京・大阪・世田谷更新しました. 東京の予測を1月までに限定しました.コメントも更新しました.

予測 (2020/12/23)東京の予測に感染拡大が続いた場合の予測を追加しました.大阪と世田谷区は更新していません. コメントは更新しました.

予測 (2020/12/17)東京・大阪・世田谷区の予測を更新しました.データはすべて12月17日までのものとなっています. コメントも更新しました.

予測 (2020/12/11)東京と大阪両方について「(危機管理上は想定すべき)多めに推移するシナリオ」と「より可能性の高いシナリオ」を用意しました.いずれの場合についても,現状の対策が十分ではないため,新規陽性者数が高止まりとなります.データはすべて12月11日までのものとなっています.

予測 (2020/12/10)(東京と大阪両方について,12月5日の予測を「多めに推移するシナリオ」とし,「よりありうるシナリオ」を追加しました.データはすべて12月10日までのものとなっています.)

予測 (2020/12/5)(東京・大阪の重症者数予測を更新しました.東京と大阪のデータを更新しました.)

予測 (2020/12/3)(東京・大阪・世田谷の新規陽性者数予測を更新しました.東京の重症者数予測を追加し,大阪における重症者数予測を更新しました.)

予測 (2020/11/27)(データを更新しました.)

予測 (2020/11/24)(大阪における重症者数予測(11ページ)と,東京での重症化率の上昇がわかるスライド(12ページ)を追加しました.データを更新しました.)

予測 (2020/11/20)(データを更新しました.)

予測 (2020/11/19(2))(大阪の行動変容・自粛ありの予測を更新しました.データを更新しました.)

予測 (2020/11/19)(大阪府,世田谷区のデータも更新しました.)

予測 (2020/11/18)(11月18日に493名の新規陽性者がが出たことを受けて,東京都のデータ(のみ)を更新しました.コメントを更新しました.)

予測 (2020/11/13)(世田谷区の推計・予測曲線を更新しました.データを更新しました.)

予測 (2020/11/13)(世田谷区の推計・予測曲線を更新しました.データを更新しました.)

予測 (2020/11/12)(東京での感染拡大に伴い予測およびコメントを更新した.データも更新している)

予測 (2020/11/09)(東京での感染拡大に伴い予測およびコメントを更新した.データも更新している)

予測 (2020/10/30)(大阪での感染拡大に伴い予測およびコメントを更新した.データも更新している))

予測 (2020/10/22)(東京の予測およびコメントを更新した.データも更新している))

予測 (2020/10/2)(データのみを更新した.))

予測 (2020/09/11)(データを更新した.))

予測 (2020/09/02)(データとコメントを更新した.))

予測 (2020/08/28)(世田谷区の予測を復活した.))

予測 (2020/08/26)(前回の更新8月21日よりあまり時間が経っていないが,自粛・行動変容による発生陽性者減少が顕著なため,それを考慮して,東京・大阪の推計・予測曲線を更新した.))

予測 (2020/08/21)(自粛・行動変容の影響を考慮して,東京・大阪の推計・予測曲線を更新した.))

予測 (2020/08/07)(東京の推計・予測曲線を更新した. 世田谷区の推計・予測曲線を追加した))

予測 (2020/07/31(7/31までデータを更新した. 7/18より大阪の予測を追加している.))
(大阪府の感染拡大は東京都よりも速いので緊張感を持って備えをした上で推移を見守る必要がある.)

予測 (2020/07/30(7/30までデータを更新した. 7/18より大阪の予測を追加している.))
(大阪府の感染拡大は東京都よりも速いので緊張感を持って備えをした上で推移を見守る必要がある.)

予測 (2020/07/29(7/29までデータを更新した. 7/18より大阪の予測を追加している.))
(大阪府の感染拡大は東京都よりも速いので緊張感を持って備えをした上で推移を見守る必要がある.)

予測 (2020/07/23(7/23までデータを更新した. 7/18より大阪の予測を追加している.))
(大阪府の感染拡大は東京都よりも速いので緊張感を持って備えをした上で推移を見守る必要がある.)

予測 (2020/07/18(7/18までデータを更新し, 大阪の予測を追加した.先頭ページは上に掲示されているもの.))
(7/18時点での解析によると,大阪府の感染拡大は東京都よりも速いので緊張感を持って備えをした上で推移を見守る必要がある.)

予測 (2020/07/16(7/16までデータを更新し, 拡大図を追加した.))

予測 (2020/07/14(7/14までデータを更新し, 必要病床数の目安になる情報をさらに追加した.))

予測 (2020/07/13(必要病床数の目安になる情報もあり.))
(7/14記: 申し訳ありませんが 7/13 および 7/14 最初に掲載したものは誤植がありましたので修正しました.修正箇所は こちらです.)

予測 (2020/07/10(7/10に新規陽性者が243名出たことを反映した簡単版.))

予測 (2020/07/09(新規陽性者が224名(7/9)と大きく増加したことにより内容を改定した.))

予測 (2020/07/03(最新版:7/3のデータまで追加;新規陽性者が124名(7/3)と引き続き増加したことにより内容をさらに改定した.))

予測 (2020/07/02(7/2のデータまで追加;新規陽性者が107名と大幅に増えたことにより内容も改定した.))

予測 (2020/07/01(7/1のデータまで追加;その他は6/29版と実質的に改訂なし))

予測 (2020/06/29(6/29のデータまで追加))

予測 (2020/06/29(6/27とデータは同じで説明だけ改訂してあります.))

予測 (2020/06/27)

予測 (2020/06/23)

予測 (2020/06/19)

予測 (2020/06/12)

予測 (2020/06/08)

[研究分野] (少々古いものになりますが,研究内容の一部はこちらをご覧下さい)

最適化法と数値計算を方法論の中心に据えた統計数理と数理工学

 −内点法を中心とする凸最適化のアルゴリズムと応用

 −信号処理・機械学習・統計科学のためのアルゴリズム

 −凸最適化の情報幾何(計算の複雑さへの微分幾何学的接近法)

 −悪条件の凸計画問題の数理的解析 

 −政策科学をはじめとするさまざまな分野の実問題の数理モデリングによる解析と解決


[現所属・連絡先]
〒106-8677
港区六本木7の22の1
国立大学法人政策研究大学院大学 政策研究科
Tel. 03-6439-6130
e-mail: tsuchiya あっとマーク grips.ac.jp


[旧所属先等(2010年3月31日まで)]

大学共同利用機関法人
情報・システム研究機構
統計数理研究所
数理・推論研究系教授
(計算数理グループ)

国立大学法人
総合研究大学院大学
複合科学研究科
統計科学専攻 専攻長

〒190-8562 東京都立川市緑町10-3
Tel. 050-5533-8428
e-mail: tsuchiya あっとマーク ism.ac.jp

(Last Update: 2020/7; リニューアル中)