プログラムの目的

ホーム > プログラム概要 > プログラムの目的

地域のまちづくりを担うエキスパートを養成

 少子高齢化の進展、人口減社会への突入などの大きな社会変革の中で、日本の都市は多くの危機的な課題に直面しているが、これに対処する施策の立案や実践は、理論的分析等が十分になされていない従来型のものにとどまっている。また、NPOなど新たなまちづくりの担い手の出現にも十分対応できず、変革期のまちづくりを的確に進められない現状にある。
 本プログラムはこのような現状を打破するため、まちづくりを実践している官民の政策担当者等を対象として、法と経済学の知見とともに、社会学、地域政策学、地域コミュニティ論、都市計画学、都市構造論等の知見をも駆使した多角的で学際的な分析手法を体系的・実践的に習得できる教育プログラムを提供する。特に、さまざまな施策の優劣を判断し必要性・根拠を説明するノウハウと予防法務を含めた実践的法技術等を教育することに留意している。さらに、他大学などとの連携を図りつつ、都市環境、福祉、住民との協働など、まちづくりの最新の課題について理論と実践を学ぶことで、地域のまちづくりを担うエキスパートを養成する。
 法学と経済学とを結ぶ「法と経済学」の分析手法、まちづくり法務や実務、そして、まちづくりの行方を左右する最新の社会経済動向など、本プログラムで習得しうる知見の奥行きは深く、領域も広い。また、その応用可能性・汎用性は高い。
 これまでの専攻や経歴にとらわれず、様々なバックグラウンドを有する学生を受け入れる。意欲と能力に溢れる人材に期待する。

プログラムの目的

 ページの先頭へ戻る